【ヤバすぎ】男湯で6才女の子の下半身を触って逮捕…郡智将容疑者の本当の顔は…

 
 
こんにちわ
【危機タイムズ】です。
 

スポンサーリンク


 
とんでもない事件が起きた…
 

男湯で女児の下半身を触った男が逮捕

 

 
19日(日)、神奈川県相模原市の入浴施設の男湯で、女の子の下半身を触った男が逮捕された…
 
犯人の名前は、郡智将(こおりともゆき)容疑者、25歳。何のパートだったのか、実家暮らしか一人暮らしか、家族構成は、使っていたSNSは?この男の本当の顔は…
 
とんでもない事件を起こしただけに、郡容疑者の素性が気になる人も多いようだが、東京都青梅市在住の、職業・パート従業員ということ以外の情報は明らかになっていない。
 
ただ、警察の調べに対し「小さい子に興味があった」と容疑を認めているので、「ロリコン」であることは間違いない…
 

 

余罪も間違いなくありそう…

 
郡容疑者は、男湯の中にある「色つきの浴槽」で、女の子の下半身を触ったと報じられている。
 
色つきの欲増…
 

 
たしかに、お湯の中で何が起きているかは、外から見ただけでは分からない…
 
今回は、被害にあった女の子が、父親に「あの男の人に下半身を触られた」と報告したことで発覚したが、これまでも同様の手口で、他の女の子の身体を触っていたのではないだろうか…?
 
小さい子だと、何をされているのかも良く分からず、されるがまま…ということも考えられる。何度かやって味をしめて…という可能性も否めない。「これが初めてです」と言ったとしても、誰が信じるのだろうか…
 
そもそも、青梅から相模原まで来ていたこと自体、何だか怪しい…
 
しかし、今回の事件は郡容疑者だけでなく、女の子の父親にも、こういった疑問が浮上している…
 

なぜ、6歳の女の子を男湯に?

 

スポンサーリンク


 

「女の子は女湯に入れた方がいい」
「親の責任でもある」
「父親がちゃんと見てないと…」
「6才で男湯はマズイだろう」
出典:NNNニュースより

 
悪いのは当然犯人だが、自分の子供が変態のターゲットにならないように、親も危機管理をしっかり行わなければいけない、という指摘がされている。
 


出典:フィフィツイッターより

コメンテーターのフィフィによると、海外では「親子の入浴」でも性的虐待にあたるケースもあるとか…
 
また、そういった気がないとしても、小さな女の子が裸で走り回っているのを「気まずい」と思いながら入浴している人も多いという。目を合わせないように、意識してないフリをしてみたり…
 
お父さんも様々な事情があり、大変かとは思うが、極力「男湯」に娘を連れて行かない方がいいだろう…
 

 

男湯では、こんな「珍」事件も…

 
女の子を男湯に、男の子を女湯に、という異性間のトラブルだけでなく、「男同士」による被害も、報告されている…
 

「新宿のメンズサウナで痴漢されたわ…」
「仮眠室で連続して痴漢にあったから!」
「実父が男にサウナで痴漢されたらしい…」
「俺もサウナで抱きつかれた事あるw」
出典:ツイッターより

 
そういったスポット(?)になっている所もあるようだが、銭湯やサウナが「公共の場」であることを忘れているソチラの人も多いようだ…
 

出典:https://www.pakutaso.com

 
「男同士だから大丈夫だろう」と油断していると、当然、激怒されたり、訴えられるケースもあるので、お目当ての人がいたとしても、確認もせず、いきなり変態行為は絶対にしてはいけない…
 
台湾のサウナでは、56歳の男性が32歳の男性に痴漢をして逮捕されたというこんな事件も…
 
また、「男の子が女湯に入ってくるのが気持ち悪い」という女性からの被害の声もあったり、男湯に遠慮なく入ってくる女性スタッフに嫌悪感を示している男性も多いという。入浴施設については、様々な問題解決への取り組みが必要となりそうだ…
 

 

ロリコンの末路は…

 
年間、何件もの児童性的虐待の被害報告がされている。
 


2017年に入ってからは、こんな事件も報じられ、「ロリコン」たちによる性犯罪は絶えない…
 
しかし、郡容疑者はじめ、彼らの性癖は「逮捕」されたからといって治るワケではない。つまり、保釈後も「小さい子に興味がある」ということは変わらないわけだ。
 
「再犯」の可能性も高い…
 
「刑」を重くすること、逮捕者にはきちんとしたカウンセリングをすること、こういった事件をもっと大きく取り上げることなど、児童性的虐待への対策が必要…
 
刺青の入った若者を入浴させることよりも、小さい女の子を男湯に入れることの方が、問題ではないだろうか…
 

スポンサーリンク


 

あわせて読みたい