安倍昭恵夫人のフェイスブックや「森友学園」の記事に寄せられたコメントが酷い…

 
 
こんにちわ
【危機タイムズ】です。
 

スポンサーリンク


 
どういう結末を迎えるのか…
 

100万の寄付金、真相は…

 

 
連日放送されている、学校法人「森友学園」の問題。16日(木)、同校理事長の籠池泰典氏が「安倍総理から寄付金があった」と暴露したことで、騒動は更に加熱している…
 
報道によると、昭恵夫人から籠池理事長に、「安倍首相から」という名目で100万円を領収書なしで寄付したとのこと。しかし、昭恵夫人は「全く覚えていない」と話していて、籠池理事長の発言と食い違いが生じている。
 
どちらの証言が正しいのか?
 
両者、少しずつ記憶違いがあるのか、どこかで行き違いがあったのか、それとも、籠池理事長、もしくは昭恵夫人がデマカセを言っているのか、ネット上では様々な憶測が飛び交っている…
 
昭恵夫人は、世間の声をどう受け止めているのだろうか?
 

 

コメント、全て読んでいます

 
と、16日の講演で明かした、昭恵夫人。
 
神奈川新聞(カナコロ)の記事によると、「激しい批判をフェイスブックのコメント欄に頂いている。排除もブロックもできるが一切せず、毎日読んでいる」と話したそう。
 

出典:安倍昭恵フェイスブックより

昭恵夫人のフェイスブックページをチェックチェックしてみたところ、「激しい批判」というほどではないように思える。中には、「総理夫人のやることですか?」、「往生際がよろしくないですよ」などの厳しい意見もあったが、「負けないで頑張ってください」、「皆さんが付いてます」など擁護する声も多数寄せられている。批判が大多数を占めている、というワケではなさそうだ。
 
とはいえ…
 

「出しゃばらず大人しくしてるべき」
「夫婦揃ってどんな神経の持ち主なの」
「世間知らずのお嬢さん」
「100万円覚えてないってワロス」
出典:安倍昭恵フェイスブックより

 
これらのコメントを本当に全て読んでいるとすれば、普通の精神状態ではもたないだろう。自分には非がないという絶対的な自信があるからか、はたまた、強靭なメンタルの持ち主なのか…(?)
 
コメントの内容はさておき、フェイスブックは自身の名前や顔(アイコン)を明かした上でコメントしなければいけないため、まともな(?)批判や、きちんと理由を述べている人が多かったように思える。
 
一方、こちらは…
 

スポンサーリンク


 

ヤフコメで言いたい放題

 


とりあえず、アカウントを持っていればコメントができる、Yahooニュースのコメント欄には…
 

「大麻やっていない?普通の発言でない」
「馬鹿で目立ちたがり。不倫疑惑は?」
「自宅の大黒柱に紐で括り付けておけ」
「専門卒じゃ世間の常識に付いていけない」
出典:神奈川新聞ニュースより

 
こういった、不謹慎な(?)コメントが殺到している。ほとんどは悪口レベルのものばかりで、この問題をどう解決してほしい、というよりは、ただ書きこんでストレスを発散しているだけのようにも思える…
 
ヤフコメの内容が酷いのは、昭恵夫人の問題(記事)に限ってではないが、それにしても質が悪すぎる。というか、タチが悪いというべきか…。夫人も、これら記事のコメントを見たら、さすがに平常心ではいられないかもしれない…
 
ただ、その中には真っ当な意見もいくつかある。たとえば、「こんな時にSNSなんか使わなきゃいいのに」というもの。たしかに、この状況でフェイスブックを更新したり、それについて講演で発言したりするのは、控えるべきだったといえる。
 
だから「世間知らずの…」と、言われてしまうのだろう…
 

 

安倍政権は終わってしまうのか?

 


出典:ダイヤモンド・オンラインツイッターより

安倍首相は以前、国有地売買について「私や妻が関係していたということになれば、首相も国会議員も辞める」と話している。総理自身は、絶対的な自信があるからこう断言したのかもしれないが、自身ではなく、妻の問題で、本当に終わってしまう可能性も…
 

 
2月にフロリダ州で行ったトランプ大統領とのゴルフ外交が、大成功を収めたばかりの安倍首相。昭恵夫人はトランプ氏の妻・メラニア夫人と比較され、「品のあるファーストレディ」と全米で大絶賛されていたようだが、せっかく築いたトランプ大統領との関係も、良いイメージも、今回の騒動でガタ落ちか…
 

 
いつか終わりを迎えるわけだが、まさかこんな形で危機を迎えるとは、誰も思ってなかっただろう…
 
2017年上半期、もしくは年間最大のニュースとなりそうな「森友学園問題」。23日に行われる籠池理事長の証人喚問で、仮に安倍夫妻の身の潔白が証明できたとしても、この騒動で国民の印象が悪くなったことは間違いない。
 
そのイメージをどう払拭できるかが、今後の課題となりそうだ。もしくは、そのまま身を引いてしまうのか…
 

スポンサーリンク


 
ヤバイ大人の休息地
 

あわせて読みたい