【逮捕間近?】電車で痴漢し池袋駅から逃走した男は誰?犯人探しが始まる…

 
 
こんにちわ
【危機タイムズ】です。
 

スポンサーリンク


 
犯人は逃走中…
 

車内で痴漢し、池袋駅から逃走した男が話題

 


昨日14日(月)、池袋駅でとんでもない事件が起きた…
 
朝のラッシュ時、JR埼京線の車内で20代の女性が40代の男に痴漢をされ、女性が指摘し、降りた池袋駅のホームで駅員を呼ぼうとしたところ、振り切って線路に飛び降り、線路上を猛ダッシュで逃走したという…
 
犯人の男は、現在も逃走中。東武東上線の線路を、北池袋方面に逃走したそうだが、この男が起こした騒動により、電車が一時運転を見合わせるなど、およそ3万2千人に影響が出たという。また、被害にあった女性も、突き飛ばされた際に、膝を擦りむくけがをしたと報じられている。
 

犯した罪は重そうだ…

 
今朝(15日)放送の『とくダネ!』(フジテレビ)では、犯人の男に課される罪について、このように発表している。
 

■痴漢行為
⇒強制わいせつ罪または東京都迷惑防止条例
■線路に侵入した行為
⇒鉄道営業法違反または威力業務妨害罪または往来危険罪
■女性を突き飛ばす行為
⇒暴行罪まったは傷害罪

 
これら、すべてに当てはまる可能性も…
 
また、前日の13日にも、JR総武線の御茶ノ水駅で20代の女性が痴漢被害に遭い、声をあげたところ、線路に飛び降り逃走した男がいたという。
 

 
同じ人物による犯行かどうかは分からないが、もし、これも池袋駅から逃走した男の犯行だとすれば、さらに罪は重くなるだろう…
 

 

犯人の特徴は?

 

 
現在までに報じられている情報や、ホームにいた乗客が提供した動画から、以下のような特徴が分かる。
 

■40代
■茶色っぽいコート
■上下スーツ
■銀色っぽいカバン
■黒髪

 
逃走するスピードはなかなか速かったようで、もしかすると何かスポーツをやっていた(いる)かもしれない(?)動画では、背が高そうな印象を受ける。「40代」と報じられているが、ちょっと老け顔の30代かもしれないし、若く見える50代かもしれない。
 
駅に設置されているカメラには、顔や全体の雰囲気が鮮明に映っているかもしれないので、既に犯人の特徴をとらえている可能性も…
 

今、どこにいるのだろうか?

 

スポンサーリンク


 
報道によると、男が逃走した方向には10メートルほどのフェンスがあるようなので、簡単に外に出ることはできない、とのこと。

 
何とかよじ登って外に出たのだろうが、そこから、どこに移動したのか?事件の内容から、再び電車を利用したということは考え難い。
 
事件が起きた時間帯や、男性の風貌から、おそらく出勤前だったことがわかる。逃走後、直ぐにタクシーを拾って会社に出社し、何ごともなかったかのように仕事を終え、自宅に帰ったかもしれない。翌日(15日)、同じ電車は使えないだろうが…
 
もしくは、このサラリーマン風の装いも、痴漢するためのカモフラージュだった、ということも考えられる。ここ最近、無職の男による性犯罪が多発しているので、この男性もそうだったという可能性は否めない…
 

MALIBUマリブ
 
しかし…
 

痴漢をしていなかった可能性も?

 
逃走した男性が「痴漢行為」を認めたわけではないので、「痴漢冤罪」という可能性もある。この報道に寄せられたコメントにも…
 

「冤罪かも。やってない可能性もある」
「捕まったら終わり。必死で逃げるわな」
「痴漢をしてないのなら逃げるのが正解」
「疑われたら逃げろとテレビでやってた」
出典:NNNニュースより

 
意外にも(?)逃走した男性に対する同調・同情の声が、多く寄せられている…
 
車内で痴漢を疑われた場合、逃げずに堂々と「してません!」と否定しても、警察や駅員を呼んでしまうと大抵は罪に問われるという。「こういう場合は逃げた方がいい」とコメントしている人も多く、実際に同じような被害に遭った人からの体験談なども寄せられていた。
 
この問題に頭を抱えている男性は多いようで…
 


先日報じられた、「女性専用車両を廃止しろ」と脅迫文を送った犯人に対しても、「廃止したら男が困る」というコメントが殺到し、「それなら男性車両も作ってくれ」という鉄道会社への要望も寄せられていた。
 
しかし、今回の場合は「痴漢行為」だけが問題ではない。「女性を突き飛ばして怪我を負わせた」ということと、「線路に降りて電車を止めた」という2つの問題を起こしているので、痴漢はしていなかったとしても、罪には問われる。鉄道会社から、巨額の損害賠償を請求される可能性も…
 

それでもボクはやってない
 
さらに、痴漢もしたうえで逃走したのであれば…
 

逃げ切ったと思ってもダメ!

 
先日、こんなニュースが報じられた…
 


2014年に車内でのわいせつ行為(痴漢)をした犯人が、3年半後の今、逮捕された。どうしてこんなに長い時間が掛かったのか、明らかにはなっていないが、「逃げ切れた!」と思っていた悪事も、いつかこうして明るみになることもあるということだ…
 
今回逃走した犯人も、「ひとまず逃げ切った!」では、済まないかもしれない…
 

出典:https://www.pakutaso.com

 
痴漢冤罪だとしたら気の毒ではあるが、とりあえず、迷惑を掛けた人たちに謝罪するため、そろそろ出てきた方がいいだろう…
 
そして、事実を明らかにしていただきたい。
 

スポンサーリンク


 
ヤバイ大人の休息地
 

あわせて読みたい