「放射能バンバン」と言ったのは誰?千代田区の原発いじめ、顔や名前など犯人探しも…

「放射能バンバン」と言ったのは誰?千代田区の原発いじめ、顔や名前など犯人探しも…

 
 
こんにちわ
【危機タイムズ】です。
 

スポンサーリンク


 
まだまだ、ありそうだ…
 

またも原発非難いじめが発覚

 


昨年、大炎上を起こした「原発非難いじめ」の被害報告が続いている。新たな原発いじめが発覚したのは、東京・千代田区の区立小学校・中学校で、小学生の女子児童は、クラスの男子児童から「放射能バンバン」と言われるなどのいじめが続き、転校するにまで追い込まれたそう。
 
こういったイジメが明らかになると…
 

「イジメじゃない、犯罪です」
「イジメに種類は、関係ないです」
「こう言うイジメは最低だな」
出典:FNNニュースより

 
こういった批判はもちろん、ネット上では…
 

「放射能バンバン」と言ったのは誰?

 
と、必ず犯人探しが始まる。既に、「どこの学校?」、「●●中学か?」、「いじめた奴の情報求む」などの書き込みもされている。
 


原発非難を理由に、計150万円をカツアゲしたという、とんでもないイジメをしていた学生たちに対しても、「加害者の名前や顔も出すべきだ」という批判が飛び交っていた。
 
法律的には「犯罪」ではないし、彼らは未成年者なので、名前や顔が公開されることはない。しかし、「いじめが発覚したら、加害者の名前や顔が報道される」という規定を設ければ、もしかしたらいじめは減るかもしれない。今回の報道についても、「加害者の名前を公表すれば戒めになる」、「加害者が秘匿されて守られている限り、いじめはなくならない」といった意見が寄せられている。
 
しかし、それが実現されることはないだろうし、そうしたとしても「いじめ」が完全になくなることはないだろう…
 

他人を引きずりおろすのに必死な人
 
さらに、いじめた生徒だけではなく
 

親の名前や顔くらい公表しろよ

 
と、いじめた生徒の両親にも批判が殺到。むしろ、いじめていた生徒に対しての批判はさほど多くはなく、彼らの親に対しては、凄まじい数の抗議の声が寄せられている。
 

「親が言わなければ子供は言わない」
「イジメる親の顔が見たいわ」
「子供は親の言動見聞きしてる」
「親はろくな教育をしてないな」
出典:FNNニュースより

 
たしかに、「放射能バンバン」と言ったのは小学生。その年頃の子は、悪気なく人を傷つけることを言ってしまう。それがいじめだということすら、理解していなかったかもしれない。こういった差別発言は絶対にいけないことだと、親や教師が教えてあげなければ、原発非難いじめは無くならない…
 
その「教える側」の教師が、あろうことに
 

一緒になっていじめていた?

 

スポンサーリンク


 


出典:日テレNEWS24ツイッターより

報道によると、現在中学生の男子児童が、担任教師に「(原発非難で)買えないだろうから、ノートあげるよ」と言われたことを訴えている。また、別の児童は、クラスメイトに「菌」と呼ばれるなどのいじめを受け、翌年度から別の学校に転校。その際、「先生がきちんと対応してくれなかった」と述べているそうだ。
 


昨年、新潟市40代の担任が、生徒を「菌」呼ばわりしたことが発覚し、大炎上を起こしたが、「菌」とは呼んでいなくとも、やっていることはこの教師と変わらないだろう。子供同士のことならまだしも、助けてくれるはずの教師が一緒になっていじめをするなんて、言語道断。
 
そもそも…
 

「原発」が問題なのか?

 
「原発非難」に絡んだいじめが、大きな問題として取り上げられるのは当然だが、「いじめ」そのものが問題。しかし、子供たちに「いじめは良くないからやめましょう」と、曖昧な表現で教えたところで、無くなるはずはない。
 
小・中学生のいじめは、「原発」や「時代のせい」ではなく、いつの時代でも、原発が絡んでいなくても、必ず起こる…
 
それをどう対処するかが、教師の役目。
 


その教師が生徒をいじめ、さらに学校がそれを隠ぺいする…なんてニュースも報じられたばかりだが、まずは教える側の人間、育てる側の親が、子供にどう教えるか、どう対応するかを見直すべきだろう。
 

完全版 いじめられている君へ いじめている君へ いじめを見ている君へ
 
これらの「いじめ被害」について、こういった意見も…
 

最悪なケースにならなくて良かった

 
今回報告されたいじめの中で、命を絶ってしまった子はいない。「それだけでもよかった…」と、胸をなでおろす人もいたようだ。彼らは、弱いようで強いのだろう。
 

 
間もなく、東日本大震災(2011年3月11日)から6年が経とうとしているが、悪い意味で風化しつつある。今日(28日)日中には福島・宮城など東日本で最大震度5の地震が起きたばかりだが、この地震や今回報じられた原発いじめの報道を受け、震災を思い出すキッカケにして欲しい…
 

スポンサーリンク


 
ヤバイ大人の休息地
 

危機ニュースカテゴリの最新記事