【四大陸フィギュア優勝】ネイサン・チェンが超強い!イケメンだけど「髪型がちょっと…」

 
 
こんにちわ
【危機タイムズ】です。
 

スポンサーリンク


 
王者の座を奪われた…
 

四大陸選手権男子優勝はネイサン・チェン

 


来年、2018年2月に韓国で開催される【平昌オリンピック】の会場で行われた「フィギュアスケート四大陸選手権」男子フリーが19日(日)に開催され、王者・羽生結弦を破り、アメリカ代表のネイサン・チェン選手が優勝した。
 

■1位:ネイサン・チェン(アメリカ)
合計:307・46点
■2位:羽生結弦(日本)
合計:303・71点
■3位:宇野昌磨(日本)
合計:288・05点

 
フリーでは急遽プログラムを変更したものの、完璧な演技を見せて206点という高得点を獲得した羽生。しかし、合計点ではネイサン・チェンに及ばず、惜しくも「銀」に終わった。新たな強敵の出現に、「凄いライバルが現れたな…」といったコメントが多数寄せられている…
 

羽生結弦 2017年 カレンダー 壁掛け A2
 

17歳の全米王者はどんな人物なのか?

 
優勝したネイサン・チェンは、アメリカ合衆国・ユタ州ソルトレイクシティ出身の17才(1999年5月5日生まれ)。国籍はアメリカだが、北京から移民してきた中国人のようで、中国名は、「陳巍(ちんぎ)」というらしい。
 

Thank you to all for making this such an amazing experience! 🇯🇵

Nathan Chenさん(@nathanwchen)がシェアした投稿 –


出典:Nathan Chenインスタグラムより

2016年12月にマルセイユで開催された「グランプリファイナル2016」では、優勝した羽生に続き、銀メダルを獲得。また、今年1月にカンザスシティで開催された「全米フィギュアスケート選手権」では、【318・47点】という凄まじい得点を叩きだし優勝。次世代を担う男子フィギュア界の新たなスターだ。
 
身長は165㎝と小柄で、体重は非公開のようだがおそらく40㎏台後半ではないかと思われる。気になる彼女の存在は、自身のインスタグラムにアップしていて、こういったところは普通の高校生らしいというか、アメリカ人らしいというか…(?)
 

Just a couple of DB's @courtneyhicksphotography #oooooooooohtho

Nathan Chenさん(@nathanwchen)がシェアした投稿 –


出典:Nathan Chenインスタグラムより

彼女も同国アメリカのフィギュアスケート選手のようで、名前はアンバー・グレン、ネイサン選手と同じ17才の超美女だ。インスタグラムには、彼女とのデートの様子がいくつか投稿されていて、2人のアツアツっぷりに絶賛の声が(?)寄せられている。
 

フィギュアスケート日本男子ファンブックQuadruple(クワドラプル)2017+Plus (SJセレクトムック No. 44)
 

ネイサン・チェンの幼少期から現在まで

 

スポンサーリンク


 
ネイサン・チェンは、3才の時にアメリカのソルトレークシティで初めて滑り、5才の時バレエ学校に入学。そこでクラシックバレエの基礎を固め、今の演技に活かしているとインタビューで話している。
 

 
5人兄弟の末っ子で、兄2人はアイスホッケーを、姉2人は同じフィギュアスケートを習っていたそうだ。
 
スケート選手は、1人育てるのも相当費用が掛かると言われている。5人のスポーツ選手を育て、さらにアメリカに移住してこれるくらいだから、裕福な家庭で育ったことは間違いないだろう。しかし、アメリカ移住後、父親が失業したというウワサが浮上していて、これが事実だとすれば、ここまで強くなったのは、逆境を乗り越えて根気強く練習を続けてきたからかもしれない。
 
ハングリー精神は、羽生選手以上か…?
 

アイスショーの世界(3) (ワールド・フィギュアスケート別冊)
 

「平昌五輪」最大のライバルになりそう…

 
羽生選手については、新プログラムが未完成ということもあり、現在「調整中」ということが、優勝できなかった理由として挙げられる。体調不慮で欠場したり、演技が調整中なのに、これだけの点数を出したことは、むしろ快挙といえる。
 
しかし…
 

 
ネイサン・チェンは、4回転ジャンプを5本も飛び、転倒もなく演技の完成度も高い。羽生選手より5歳も若く、平昌に出場する時はまだ18才、体力もある。演技構成点を上げてくれば、更に高得点を狙うことができそうだ…
 
これまで、ライバルには、スペインのハビエル・フェルナンデス選手や、カナダのパトリック・チャン選手の名前が挙がっていたが、それ以上の怖い選手が登場したと言えるだろう。同国では宇野昌磨選手もめきめきと実力をつけていて、羽生選手を脅かす存在が続出している。五輪、世界選手権共に、2大会連続の優勝を飾ることはそう容易くなさそうだ…
 
ところで
 

ネイサン・チェンはイケメンなのか?

 
という疑問(?)について…
 
四大陸フィギュア終了後に調査してみたところ、「強すぎる!」など、演技については高く評価されていたが、ビジュアルついては何とも言えないところ…
 


出典:Patrick Chanインスタグラムより

ただ、このテの顔が好みの女子たちからは
 

「イケメンすぎてヤバイ!」
「ネイサンがかっこよすぎて…」
「1番イケメンだと思ったよ」
出典:ツイッターより

 
こういったコメントが投稿されている。
が…
 
「髪型変えてくれれば…」、「弱点って何?髪型くらい?」という意見が多数寄せられていて、彼のチャームポイントである斬新なヘアスタイルについては、賛否両論があるようだ…
 

Wish me luck tomorrow! 😜 – #mcmartinez #4CC

Michael Christian Martinezさん(@martinezfrost3)がシェアした投稿 –


出典:Michael Christian Martinezインスタグラムより

ちなみに、フィリピン代表のマイケル・クリスチャン・マルティネス選手については、「イケメン過ぎる!」というコメントが続出している。しかし、フリーの演技がカットされてしまい、ご立腹のファンが怒りのコメントを寄せている。
 
視聴率を取るには、下位でもイケメンの演技は放送必須か…
 

スポンサーリンク


 
ヤバイ大人の休息地

あわせて読みたい