【リアル峰不二子】エロすぎ!だが顔がヤバい…山本リンダに整形依存症?と心配の声が…

 
 
こんにちわ
【危機タイムズ】です。
 

スポンサーリンク


 
あの名曲で知られる大物歌手…
 

「アウト×デラックス」に山本リンダ登場

 


出典:『アウト×デラックス』公式ツイッターより

16日(木)放送の『アウト×デラックス』(フジテレビ)は、世代の違う「アウト」な3人が登場。1人目のゲストは、「狙いうち」(1973年)の大ヒットで知られるベテラン歌手、山本リンダ(65)。2人目はM−1ファイナリスト、お笑い芸人「スーパーマラドーナ」の田中一彦(39)、ゲスト3人目は、ホリプロスカウトキャラバン(2015年)で「特別賞」を受賞した、タレントの井上咲楽(17)。
 
それぞれ、色んな意味でヤバイのだが、「ヤバい!」、「ウケる!」ではなく、「大丈夫か…?」と、視聴者を心配させた人がいる…
 

山本リンダの顔がおかしい…

 
赤のボディコンで胸を突き出し、変わらぬ美しいおみ足を披露した、1人目のゲスト、山本リンダ。とても65歳とは思えない美貌に、司会の矢部浩之、マツコ・デラックスも「おぉ~」と唸り、『リアル峰不二子』というニックネームまで付けられた。一方、視聴者からはこんな声が飛び交っている…
 

「リンダの顔ボコボコじゃん…」
「顔が引きつってアンドロイドみたい」
「もはや特殊メイクみたいだな…」
「顔にガムテープ貼ってあるの?」
出典:ツイッターより

 
首から下は完璧なのに、顔だけ「超不自然」と話題に…。いや、首から下も「ナチュラル」とは言い難い仕上がりだ。どこまでがホンモノで、どこからが偽装なのかは分からないと囁かれるリンダ。果たして真相は…
 

超整形美人
 

整形?注射?表情が固まっている…

 


出典:芸能ちゃんねるツイッターより

視聴者が指摘しているように、話している時の顔の動きが確かに不自然で、表情が固まっているように見える。「厚塗りメイクのせいか?」という意見もあったが、メイクのし過ぎで表情が固まったりはしない…
 
特に不自然だったのが、目と口の動き。「明らかに整形依存でしょ」と断定するようなコメントも見られたが、整形ではなく「ヒアルロン酸注射の打ち過ぎでは?」という指摘もある。
 

粗悪なヒアルロン酸製剤を用いたり、注入のやり方がまずかったり、注入する量が多すぎれば、おかしな顔になってしまうことがあります。
出典:高須クリニックより

 
以前話題になった、韓国の「扇風機おばさん」のように、ヒアルロン酸注入依存性という可能性も…(?)とはいえ、本人や事務所が公言したワケではないので、真相は不明。ここまでの話も、あくまで視聴者がそう感じているらしい、というだけのこと。しかし、大物芸能人ともなれば「美容注射」くらいはしていてもおかしくないだろう。
 
ただ、シロかクロかは別として…
 

リンダは元から超美人

 

スポンサーリンク


 
山本リンダは、アメリカ人の父親と日本人の母親の間に生まれた「ハーフ女子」。ここ最近、ハーフタレントたちが大活躍しているが、リンダはその先駆けなのだ。
 

 
昔の映像やジャケット写真、モデルを務めた雑誌などを見ると、あまりの美しさに絶句してしまうほど、ビジュアルの完成度が高い。他の歌手や女優が見劣りするほど、リンダは超美人だったのだ…
 

山本リンダ ベスト KB-37

 
「だった」というか、今でも美人なことは変わりない。
 

■本名:山本 あつ子
■生年月日:1951年3月4日(65歳)
■出身地:福岡県小倉市
■活動期間;1966年~
出典:ウィキペディアより

 
デビュー50周年、来月で66歳のバースデーを迎える山本リンダ。この年になっても、歌って踊って、完璧なスタイルを維持している。番組では、「後ろ向きに歩いてトレーニングする」など、日常生活の中でも美しさを保つための努力を欠かさないということを話していた。ステージに立つ人間として、「顔だって完璧でありたいわ」と思うのは当然。
 
美しく魅せるために、ヒアルロン酸注射くらいするだろう…
 

 
しかし、それが「ナチュラル」でなく、視聴者が絶句するほど「不自然」な仕上がりになってしまっては、逆効果…
 

WANJINA(ワンジーナ)―山本リンダ写真集

 

「整形依存」は美しかった人ほど注意!

 

 
整形は、「コンプレックスを解消するためにするものだ」と思いがちだが、実は「美しすぎる人」ほど、劣化したくないという気持ちから「依存症」に陥りやすい。
 
2016年10月に急性心不全で死去した、イギリスの人気歌手、ピート・バーンズも、整形前から目を見張るほどの美しい顔だった。しかし、「より完璧に」と鼻を少しイジったことがキッカケで、徐々にエスカレートし、こんな顔に仕上がって(?)しまったという…
 

 
死因が「整形のし過ぎ」かどうかは明らかになっていないが、「その可能性は高い」と報じられている…
 
美しすぎるリンダにも、「イジらなくてもキレイだったのに、勿体ないよなぁ…」などのコメントが寄せられている。「何でイジっちゃうんだろう?」という疑問については、この顔がイジったものなのか、まったく手を加えてないのか明らかになっていないので、何とも言えないが、もし、イジっていた(もしくは打っている)とすれば、ピートと同じように「完璧な美しさをキープしたいから」という理由ではないだろうか…(?)
 

出典:https://www.pakutaso.com

 
もし、依存に陥っているのであれば「顔がサイボーグ」と笑いのネタにされない程度に、美しさを保っていただきたい。
 

 
山本リンダの美しい顔ですら、完璧な状態は保てない。しかし、年相応に劣化していけばいいのではないかと思う。イジってしまった人の方が、悲しい結末を迎えているから…
 
 

スポンサーリンク


 
ヤバイ大人の休息地

あわせて読みたい