どうしてアメリカ人はデブが多いか知ってますか?

 
 
こんにちわ
【危機タイムズ】です。
 

スポンサーリンク


 
海外のビーチで、ふくよかな女性が「堂々と」水着を着ているのを、見たことはありませんか?
 

海外なんて行ったことねぇよ

 
そんな方には、申し訳ない。
 

 
日本人女性は、30歳を境に「ちょっともう、水着は。Tシャツとかで隠さないと着れない…」などと、十分細い身体の女性でも、「年齢」だけで露出を控える傾向にあるが…
 

 
アメリカ人女性は、そんなことおかまいナシ。還暦だろうと、腹が出ていようと、浜辺ではビキニが基本。重力にさからえないタルミや脂肪なんて気にもせず、ビーチで日焼けをしたり、露出の高い服を着たりしている。
 
なぜ…?
 

アリアナ・グランデが証明した美意識の違い

 
日本の女子たちもリスペクトする、米人気歌手アリアナ・グランデ。
 

出典:ArianaGrandeVevoより

 
先日リリースした、新曲「フォーカス」のミュージックビデオでは、美しいおみ足を出して、優雅に舞っている。
 

 
ジャケット・アートでも、見事なプロポーションを披露している。
 
しかし…
 

eighteen days @dangerouswomantour ♡ bts pic by @jonescrow

Ariana Grandeさん(@arianagrande)がシェアした投稿 –


出典:arianagrandeインスタグラムより

日本人から大絶賛されている、この完璧すぎるスリム・ボディが、アメリカでは「非難の的」になっているという。その言い分は、「こんな棒みたいなカラダに、憧れるワケないでしょ!」
 
マジか…
 

Talking about how I have the swimming skills of a young child thrown in without floaties

ARIEL WINTERさん(@arielwinter)がシェアした投稿 –


出典:ARIEL WINTERインスタグラムより

そのアリアナと比較された、女優のアリエル・ウィンターには、「彼女こそ理想の体形だ」と、絶賛の声が飛び交っているというのだ。「アリエルの体型はセクシーだけど、棒(アリアナ)みたいな体はそうじゃない」と…
 
彼女たちへの評価から、国民の価値観・美意識の違いがうかがえる。
 

男ウケも良い!肥満体国アメリカ万歳

 

スポンサーリンク


 
ビーチでぽちゃり体系の女性が寝転んでいても、「デブが寝てやがる」ではなく、「君ってセクシーだね」と、男性たちがチヤホヤしてくれる、肥満体国アメリカ。
 
さらに…
 

Beyoncéさん(@beyonce)がシェアした投稿


出典:Beyoncéインスタグラムより

世界的人気を誇るセレブたちも、「スリム」と呼べるのはモデルくらいで、女優や歌手は「ムチムチボディ」をむしろキープしているようにも思える。「肉付きが良い方が魅力的なのよ」と、歌で訴えるシンガーもいる。
 
「デブ」こそ、「美しさ」なのだ…(?)
 

 
彼らの主食である(?)、油ギトギトのアメリカンフードを食べ続ければ、太ることなんて容易い。数週間で「デブの殿堂入り」ができる。
 
太る環境が整っているだけでなく、「肥満は欠点ではない」、「太っていることは魅力」、「人との違いは美しさ」、「私は私」という美意識をもつ、アメリカ人。
 

出典:MeghanTrainorVEVOより

 
追い打ちをかけて、「自分の身体の大きさなんて気にしちゃだめ!」と歌う、メーガン・トレイナー(Meghan Trainor)の「オール・アバウト・ザット・ベース~わたしのぽちゃティブ宣言!」が、全米8週首位を獲得する大ヒットを記録。これでまた、「なんだ、太っててもいいのね!」と勘違いする女性が、アメリカでは増えている…(?)
 

細かった歌手も続々ブタの殿堂入り…

 

出典:CAguileraVEVOより

 
デビュー当初(1999年)、アリアナ・グランデに負けずとも劣らない、見事なプロポーションでデビューした、米人気歌手、クリスティーナ・アギレラ(Christina Aguilera)も、15年の時を経てすごい貫禄に…
 

出典:BRAIN QUESTより

 

出典:MariahCareyVEVOより

 
こちらは、アリアナやアギレラも憧れる、世界の歌姫、マライア・キャリー(Mariah Carey)のデビュー曲。グラミー賞を受賞した90年代初期は、こんなにスリムだったのが…
 

出典:TMZより

 
25年の時を経て、マッチョなダンサーでも持ち上げられないほど、ヘヴィー級に育っている…
 

出典:forever4019より

 
裁判の行方が気掛かりなケシャ(Kesha)も、一見スリムに見られがちだが、ビーチで撮られた写真で驚異の寸胴が明るみに…
 

出典:Freeleeより

 
ブリトニー・スピアーズ(Britney Spears)は、これで天下のラスベガスのステージ立つのだから、かなりメンタルが強い…ではなく、やはり「このムチムチボディが魅力的」と自負しているからだろう(?)
 

出典:oprahacaiburnより

 
来日公演が大盛況だったジャネット・ジャクソン(Janet Jackson)も、つい何年か前までは土俵に立てるレベルにまで達していた…
 

出典:janetjacksontumblrより

 
あの美しすぎる腹筋は、いったい何処へ!
 

出典:kellyclarksonVEVOより

 
そして、2002年のアメリカン・アイドルで見事優勝し、今やトップスターに登り詰めたケリー・クラークソン(Kelly Clarkson)も酷い。あんなにスリムだったのだが、今やゴスペル歌手みたいになっている…
 

出典:Sơn Tùng M-TPより

 
+50㎏増はかたいか…(?)
 


出典:EntertainmentTonightツイッターより

しかし、こんなに太ってしまっても、イケメン夫、ブランドン・ブラックストック(Brandon Blackstock)とゴールインできてしまう。アメリカ人女性の誇り、「デブの需要」だ…
 
アメリカ人は、デブである女性自身が「太っている」ことを誇りに思い、一方の男性は女性の「脂肪」が大好き。不健康な「巨漢」は別として、デブはネガティブなものではないのだ。
 
「だから、アメリカ人女性はデブが多い」という結論に至る…(?)
 

日本人女性も「ムッチリ」が主流に?

 
さて、日本が「欧米化している」と言われてから、早20数年が過ぎようとしているが…
 

 
「男女同権」や「女性の雇用」など、社会的地位は確立してきたものの、未だ「体系」についてはアメリカに追いついていない…(?)
 
そろそろ、「ムチムチボディ」も、受け入れはじめてもいいのではないだろか…(?)
 


出典:VOCEツイッターより

 
「デブがさ~」と悪態をついている日本の男子たちも、面と向かっては言えないだけで、本当は「ポッチャリ体型」の女子が好きだ…という人は多い。彼らが「ぽっちゃり最高!」と声高らかに叫べば、きっと日本でも「デブの水着はあり」とされるはず(?)
 

 
それによって、「不健康なダイエット」もなくなっていくはずだ…(もちろん不健康なデブはダメ)
 

スポンサーリンク


 

あわせて読みたい