1歳息子の鼻にチューブを突っ込みツイッターに投稿した母親が逮捕、3人の顔と名前は?

 
 
こんにちわ
【危機タイムズ】です。
 

スポンサーリンク


 
史上最低のバカッターが逮捕
 

1歳息子を虐待した19歳母親逮捕

 


1歳の息子に虐待をしたとして、東京都足立区在住の母親(19)と、交際相手の少年(19)、その知人の少年(16)の3人が逮捕された。
 
虐待の内容は、女の自宅マンションで長男の顔に落書きしたり、聴診器のチューブを鼻や口に押し込んだり、手足をテープで縛ったりしたとのこと。幸い、長男は大けがをしたり、大事には至らなかったようだが、警視庁は暴行の疑いとして3人から事情を聴き、犯行動機などについて捜査を進める方針と発表した。
 
これだけでも許しがたい行為だが、さらにその様子を撮影し、ツイッターにアップしたということで、批判の声が殺到している。
 

ネグレクトされた子どもへの支援
 

未成年でも名前を公開すべきでは?

 
母親の年齢は19歳、その他の2人も19歳、16歳と全員未成年だが、あまりにも卑劣極まりない行為に、こういった意見が寄せられている。
 

「子供が子供を育てようとするからだ」
「恥さらし!全員の実名公開を!」
「やるなら自分達の鼻でやれ」
「こいつら少年法で守る必要ある?」
出典:Yahooニュースより

 
中には「涙が止まりません」という小さい子を育てる母親の嘆きも…
 
母親が使っていたツイッターのアカウントは既に削除されているようで、顔や名前が特定できるような情報は確認できていないが、一度ツイッターに投稿しているので、今後「こいつです」と正体が暴かれる可能性は高い。
 


未成年者による悪質な犯罪については、報道される毎に「実名報道するなど、法改正が必要では?」という声が挙がる。また、虐待については、イギリスやオランダのように、子供の権利を第一に優先し、「親権剥奪」を認めていくべきだという意見も寄せられている。
 

虐待なのか?ただの「バカッター」なのか…

 

スポンサーリンク


 
先述にもあったように、1歳の長男には怪我はなかった。どう見ても虐待行為だが、殴ったり傷を負わせたりはしていないことから、ただ「面白半分」で投稿していた、ということも考えられる。
 
つまり…
 


彼ら「バカッター」たちと同類なのかもしれない。「面白かったから投稿した」と供述しているようなので、その可能性は高いだろう…
 
面白い投稿をするために、自分の子供を使うなんてとんでもないこと。しかも、長男の鼻に入れたチューブは、妊娠中に心音を聞くために購入したものだったという。そのチューブを鼻に入れて、顔に落書きをし、手足を縛った自分の息子を見て、何とも思わなかったのだろうか…
 
警察の調べに対しては、「チューブを突っ込んだのは私ではない」と容疑を否認し、罪を逃れようとしている。「母親失格」と、批判されるのも当然だ…
 

マンガで読む 育児のお悩み解決BOOK
 
しかし、逮捕されたのは彼女だけではない。
 

どうしようもない彼氏の悪影響か…?

 
報道では「父親」の存在が確認できず、逮捕された母親は、おそらくシングルマザーかと思われる。逮捕された他の2人のうち、19歳の少年は「交際相手」と報じられているので、彼氏ということだろう。「建築業」ということ以外、どういった人物だったかは分からないが、虐待行為やツイッターに投稿したことは、この彼氏の指示だった、ということも考えられる。
 
彼女が長男と2人で家にいる時、同じような投稿をしたとは思えない…
 


同じように、「ダメ男」と交際していた母親が、昨年11月に逮捕された。この女も、父親ではない、当時交際相手だった男が悪影響を及ぼし、子供を置き去りにしたまま遊び呆け、自分の息子を殺害してしまった…
 
離婚にも様々な理由があり、母親として子育てに行き詰まることも当然あるだろう。そんな時、彼氏の存在があれば、心の支えにはなると思うが、選ぶ男を間違えると、こういう事態を招くことになる。もちろん、全て交際相手が原因ではなく、守るべき存在を守らなかった、母親の責任。罪は重い…
 
この画像がツイッターに投稿されたのは、2016年12月。虐待の画像を見た視聴者が警察に通報して、12月中旬、長男は保護されている。
 

出典:https://www.pakutaso.com

 
今後、逮捕された母親と長男が、どういう形で元の生活に戻るかは分からないが、子供の成長に影響を及ぼすことのないよう、心を入れ変えて大事に育てて欲しい。自分でお腹を痛めて産んだことを、思い出して…
 

スポンサーリンク


 
ヤバイ大人の休息地

あわせて読みたい