【悲報】NHK記者、弦本康孝容疑者の逮捕を受けて「受信料払いたくない!」怒りの声が…

 
 
こんにちわ
【危機タイムズ】です。
 

スポンサーリンク


 
「意外でした…」に、注意
 

強姦致傷容疑で逮捕されたNHK記者が話題

 


出典:産経ニュースツイッターより

 
NHK山形放送局」の記者が強姦致傷などの疑いで逮捕された事件が、ネット上で話題になっている。
 
逮捕されたのは、弦本康孝(つるもと やすたか)容疑者、28歳。報道番組で本人が映し出された際には、「これで28歳?」というつぶやきも投稿された。たしかに、なかなか貫禄があるような…(?)
 
事件を受けて、NHKの専務理事・今井純氏が、7日(火)午後に記者会見を開き、謝罪。視聴者からは、こんな意見が寄せられている。
 

「二度と社会に出ない事を望みます」
「徹底的に調査・報道してもらいたい」
「嫌がる相手を無理矢理って最低」
「NHKはやっぱり終わってる」
出典:Yahooニュースより

 
警察の調べによると、昨年2月に面識のない女性の家に侵入し、性的暴行を加えてけがをさせた疑いが持たれているとのこと。殺人を除けば、非常に罪の重い事件として取り扱われる「強姦罪」。昨年は、芸能界からも「強姦罪の疑い」により、実質上の引退へ追い込まれた俳優がいた。
 


出典:ライブドアニュースツイッターより

批判されるのも当然だ。
 
しかし、今回寄せられた弦本容疑者へのコメントの中で、「人として最低」や「罪を重く」ということではなく、「納得いかない!」と声をそろえて訴えたことがある…
 

NHKの受信料払う気失せた

 
弦本容疑者が「NHK」の山形放送局の現役記者ということで、「NHK」に対しても批判が殺到している。その中で最も多かった意見が、「こんな奴の給料のために、NHKの受信料払いたくない」というもの…
 
その他にも
 
「最低の男に給料を払っていたのか!」
「この馬鹿野郎のために受信料払いたくない」
「受信料から御見舞い金でしょうか?」
 
という皮肉まで…
 
NHKの受信料といえば、集金人がピンポンを連打する動画がツイッターで拡散され、一時大きな話題となった。そういった批判を受けてか(?)ここ最近では「集金人が怖い」というつぶやきは投稿されていないようだが…
 


この一件で、NHKの好感度が下がったことは間違いない。
 
弦本容疑者の逮捕と集金人の動画の相乗効果で、「受信料の集金に来られても、怖くてドア開けられない」という、冗談なのか、本気なのか分からないつぶやきも投稿されている。いや、冗談ではないのかも知れない…
 
NHKでは、これまでにもの放送受信契約業務で訪問したマンションで、女性の体を無理やり触ったとして「強制わいせつ容疑」逮捕された男がいたり、元妻の代理人弁護士の事務所に「殺す」と電話で脅したとして、「脅迫の疑い」で逮捕された職員もいる。
 
ちなみに、「本人は容疑を否定しているし、容疑者の段階で謝罪するな」と、会見で謝罪したことにまで批判が寄せられているが、しなければしないで、大炎上するだろう。
 

報道に携わる職員がこのような犯罪の容疑で逮捕されたことはまことに遺憾であり、被害に遭われた方や関係者、視聴者のみなさまに深くおわび申し上げます。大変申し訳ありませんでした
出典:今井専務理事コメントより

 

NHKラジオ ラジオ英会話 2017年 02 月号 [雑誌]
 

弦本康孝容疑者はどんな人物なのか?

 

スポンサーリンク


 
見知らぬ女性の家に勝手に侵入し、性的暴行を加え、怪我を負わせたとされる、弦本容疑者。さぞかしとんでもない男なのかと思いきや…
 
知人からは、「気さくでいい人」、「考えがいつもしっかりしている」、「頼りになるジェントルマン」など、高い評価を受けている。
 

 
今朝放送された『とくダネ!』(フジテレビ)の取材によると、「これといって印象がない」とコメントしている職場の人がいたようで、今日行われたNHKの記者会見でも、「勤務態度は平均的」と、今井専務理事が回答している。
 
知人程度の人たちからの印象は、インパクトはない「至って普通の人」だったのかもしれない…
 
ちなみに、弦本容疑者が使っていたSNSを調査してみたところ、「フェイスブック(facebook)」と「mixi(ミクシー)」を利用していたそう。上記リンクから弦本容疑者のページにジャンプできる。これらの情報をまとめると…
 

■名前:弦本 康孝(つるもと やすたか)
■誕生日:1988年8月24日生まれ(28歳)
■血液型:A型
■愛称:もっちゃん
■出身地:福岡県(その後埼玉県へ移住)
■出身校:
・早稲田大学本庄高等学院
・早稲田大学政治経済学部

 
さすがはNHKの記者、名門「早稲田大学」を卒業と高学歴。また、高校時代には青少年事業「全国ユースフォーラム」の実行委員会を係わったり、「日韓キャンプ2006」へ参加するなど、経歴からは真面目な学生だったことが伺える。
 
「まさかあの人が?」の典型だろうか…
 

 
また、一部の間で「韓国人か?国籍と実名は?」という疑問も寄せられているが、詳細は不明。たとえそうだったとしても、事件と結びつけることはできない…
 

NHKスペシャル 新・映像の世紀 ブルーレイBOX [Blu-ray]
 

「余罪」がまだまだありそうか…

 
これまでの調べに対し、弦本容疑者は「やっていません」と容疑の否認しているという。「ふざけんな!」と一喝してやりたい、という方がほとんどだろうが、現段階では100%有罪とは言えない。
 

 
ただ、事件が起きたとされる2016年2月には、現場周辺で同様の事件が起きている。採取された遺留物のDNA型が、弦本容疑者の事件の遺留物と一致していることから、弦本容疑者が犯行を犯したことは間違いなく、その他の事件にも関わった可能性も高いだろう。警察も、余罪を調査中…
 
「騒いだら危害を加える」と恐ろしい言葉をかけ、女性に暴行を加えたとされる、弦本容疑者。こういった事件を起こした理由は、「何か発散したい理由」があった」のか、「実はこの地域の女性に恨みがあった」のか、はたまた「特殊な性癖」なのか…
 
理由はどうであれ、許し難い事件だ。
 

出典:https://www.pakutaso.com

 
「記者」という職業だけに、こういった事件を起こしたら、世間でどう叩かれるか、今後の人生はどうなるか、わかっていただろう。それでも事件を起こしてしまった理由は何だったのか…
 
事件を起こしたことが事実なら、直ぐに罪を認め、被害にあった女性たちに対し心からの謝罪をするべきだ。
 

スポンサーリンク


 
ヤバイ大人の休息地

あわせて読みたい