【祝】ビヨンセが双子を妊娠!『レモネード』グラミー受賞も濃厚か?“2歳サバ読み説”の真相は…

 
 
こんにちわ
【危機タイムズ】です。
 

スポンサーリンク


 
世界中が祝福ムードに…
 

世界の歌姫、ビヨンセが双子を妊娠

 


出典:Beyoncéツイッターより

ビヨンセが、2月1日に、自身のインスタグラムで双子の妊娠を発表し、世界中のファンが祝福の声を寄せている。
 
インスタグラムの投稿には、公開1日で900万もの「いいね」がされていて、ツイッターでは、わずか1分で17,000件のリツイートがされ、数分でトレンド首位を獲得した。
 
世界中が祝福ムードに染まった、ビヨンセの妊娠報告。どんな美しい双子が産まれてくるのか、大きな期待が寄せられているが、ちょっと気になる小ネタをひとつ…
 

ビヨンセ「2歳サバ読み説」は本当?

 


出典:Billboard JAPANツイッターより

2015年秋、ビヨンセの父でありマネージャーのマシュー・ノウルズ氏が、「ビヨンセはピンク(P!NK)と同じ年だよ」と、ポロっとこぼしたことが波紋を広げた…
 
ピンク(P!NK)は、2000年にシングル「There You Go」でデビューした、女性ポップ・シンガー。ビヨンセには届かないが、「Get the Party Started」など計15曲のTOP10ヒットをもつ、息の長い人気アーティストだ。
 
その、ピンクのプロフィールを見ると…
 

 
1979年9月8日生まれの、現在37歳と記載されている。一方のビヨンセは、1981年9月4日生まれ。ピンクと同じ年ということは、ビヨンセが「2歳サバ読み」していることになる。ピンクが2歳上と偽っている、とは考え難いだろう…
 
ビヨンセパパがピンクの年齢を勘違いしている、という可能性が高いが、音楽業界に精通している人物だけに、信ぴょう性が低いともいえない。
 

 
「ヤバ!ビヨンセの年、バラしちゃった…」
という可能性も…(?)
 
この報道の後には、女優のガブリエル・ユニオンと同級生という噂も浮上したが、そうなると現在「44歳」ということになる。さすがにそれは…
 

出典:https://www.theodysseyonline.com

 
ないだろう…(?)
 

ビヨンセの経歴から実年齢を調査

 

スポンサーリンク


 
ビヨンセは、ガールズ・グループ「デスティニーズ・チャイルド」のメンバーとして、1997年にシングル「No No No」でデビュー。今年の11月で20周年を迎え、グループの再結成もあるのでは?と囁かれている。
 

 
この曲がリリースされた当初は、16才。ゴージャスに盛った髪型のせいか、顔が大人びているからか、高校1年生とは思えない貫禄をみせている…
 

 
3年後の2000年、全米首位を獲得した「Say My Name」をリリースしたのは19才。この時点で、現在のビヨンセが出来上がっている…
 

 
さらに3年後、2003年には、いよいよ「ビヨンセ」名義でソロデビューを果たす。日本では、渡辺直美のモノマネで知名度を高めたデビュー曲「Crazy in Love」が、いきなり全米1位を獲得し、トップスターへ。この時点で、22歳、ゲスト参加した、夫・ジェイZは34歳。
 

 
それから4年。2007年の年間チャート首位を獲得した、自身最大のヒット曲「Irreplaceable」をリリースしたのは、25歳。女王の貫録がさらに増し、身体のボリュームも徐々に増してゆく…
 

 
ミシェル・オバマのフェバリット・ソング、「Single Ladies」のミュージックビデオは、何と「1テイク」で撮影したとのこと。このハードなダンスを踊りきる体力からみて、当時28歳は妥当か…(?)
 

 
ホットペッパービューティー」のCM曲としても話題を呼んだ、「Best Thing I Never Had」をリリースした2011年、いよいよ30歳を迎える。「女は30代になると、尚美しくなる」と持論を唱えた美容家もいたが、たしかに、デスチャ時代よりも美しさに磨きがかかったようにも思える。
 

 
そして2013年リリースの『Beyonce』からは、この曲「7/11」のミュージックビデオで、自身の日常を演出する。ほぼすっぴんのビヨンセ、当時32歳。太もものボリュームは増したものの、「老けたな~」という印象は受けない。軽やかなダンスも健在だ。
 

 
そして、最新作『Lemonade』を2016年4月にリリース。アルバムがリリースされた時、ビヨンセは35歳ということになるが、22歳の時にリリースしたデビューアルバム『Dangerously In Love』(2003年)の頃と、さほど変わらないようにも思える。
 
結局、2歳サバを読んだところで、誰も気づきはしないということだ。
 

 
「44歳説」が事実だとすれば、1997年のデビュー当初、ビヨンセは24歳だったということになるが、仮にそうだとすれば、それはそれで凄い。「衰え知らず」女王の名に相応しい…(?)
 
サバを読んでいたとしたら、心配なのは「出産のリスク」だが、50歳で母子ともに健康な状態で出産した、ジャネット・ジャクソンの一例もあるので、おそらく問題ないだろう。マライア・キャリーも、40歳の時に双子を出産している。
 

Climb every mountain 👊🏾😘 @gunnarfitness

Mariah Careyさん(@mariahcarey)が投稿した写真 –


出典:mariahcareyインスタグラムより

 
なかなか凄いことになってはいるが、こちらも母子ともに健康だ…
 

双子懐妊で「グラミー受賞」アデルを破るか?

 


出典:Billboard JAPANインスタグラムより

双子の妊娠を発表したばかりのビヨンセだが、日本時間2月13日(月)に開催される【第59回グラミー賞】で、パフォーマンスを披露すると発表された。しかも、ダンサーたちとリハーサルをしていると報じられたので、踊る可能性は高い。
 

 
出産前、ぽっこりお腹での「フォーメーションダンス」が見られるかも…?
 
ビヨンセは、「年間最優秀アルバム」(Lemonade)、「年間最優秀レコード」(FORMATION)と「年間最優秀楽曲賞」(FORMATION)の主要3部門含め、計9部門にノミネートされている。
 
グラミー賞で最も威厳のある「年間最優秀アルバム」、今年はアデルの『25』かビヨンセの『Lemonade』か、どちらかが受賞するだろうと予想されているが、妊娠報告をしたばかりのビヨンセが受賞すれば、さらにSNSの投稿などで、ビヨンセの話題が広がるだろう。
 

 
Lemonade』は、社会情勢や女性の権利などを訴えている、政治的要素も含んだ質の高い内容で、双子懐妊は関係なく、アルバムのクオリティとしてみても、「年間最優秀アルバム賞」に相応しい作品だ。
 
双子の妊娠に続き、グラミー「年間最優秀アルバム」受賞となれは、ビヨンセにとって、デビュー20周年に相応しい1年になるだろう。おめでたいニュースが続くことを期待したい!
 

スポンサーリンク


 
ヤバイ大人の休息地
 

あわせて読みたい