国分太一だけ『ぐるナイ』“ゴチ”をいつまでも卒業しないのはナゼ?ヤラセ疑惑も…

 
 
こんにちわ
【危機タイムズ】です。
 

スポンサーリンク


 
「疑問の声」が絶えない…
 

「ゴチ」ってやらせなの?

 


出典:ぐるナイ_公式ツイッターより

1月19日(木)から『ぐるナイ』(日本テレビ)“ゴチ”新章がスタートした。新メンバーに俳優の大杉漣と、人気女芸人・渡辺直美を加え、パワーアップして放送。
 
反響もそこそこ…
と思いきや、その寄せられた反響の中には
 

「やらせみたいに見えるんですけど」
「やらせ臭くてワロタw」
「ゴチやらせじゃないすか?」
「安定のやらせっぽさ満載」
出典:ツイッターより

 
「やらせ疑惑」とされるツイートが続々と投稿されている…
 
以前から、この番組には「やらせ疑惑」が浮上していたが、昨年末、事態はさらに悪化する…
 

柳葉敏郎のクビがとどめを刺す?

 


出典:日テレダベアツイッターより

2016年12月22日に放送された、『ぐるナイ最終戦ゴチ今夜クビが決まる!涙の4時間SP』で、シリーズ16からレギュラーを務めた俳優の柳葉敏郎が、クビになった。
 
「おみや代」の支払いが柳葉にならなければ、女優の二階堂ふみが「クビ決定」という状況を迎え、タレントのりゅうちぇるが「おみや代」を決めるダーツを投げ、柳葉に当たり、クビが決定したという展開。
 
「おみや代」を支払うのが3位の柳葉になったこと、さらに、ダーツ5分の1の確率が当たってしまったこと。2つの偶然が重なっただけでは?運が悪かったとしか言いようがないのでは?とも考えられるが…
 

「もうクビわかってますってリアクション」
「ゴチのクビレースやらせ臭くてワロタ」
「やらせが露骨になってきたなあ」
出典:12月22日ツイッターより

 
こう感じていた視聴者は多い…
 
クビが決定した柳葉は、「バラエティーは難しいっちゅうことやな」と、涙を浮かべ、悔しさをにじませるも、その涙は、「番組サイドに切られた悔しさからか?」と、とらえる視聴者も多かったようだ…
 

 

江角マキコのクビにも「疑惑」が…

 
パート10~16と、長期に渡り出演した、元・女優の江角マキコ。彼女のクビにも「やらせ疑惑」が浮上していた…
 

 
「長嶋家“バカ息子”」騒動以降、仕事が激減し、いわば「干された」状態に陥ったタイミングで、同番組のクビが決定。これには、「タイミングが良すぎる」、「デキ過ぎでは?」という指摘が入り、やらせ疑惑はますます深まるばかり…
 
もちろん、これも「たまたま、このタイミングでクビになった」と思われるが、時期が時期だけに、視聴者がそう思うのも無理はない…
 


仮に、パート16(2015年末)でクビにならず、今もレギュラー出演していたとすれば、今回の電撃引退に歯止めがかかったのだろうか…?
 

 
そんな中で
 

国分太一だけ、何でクビにならないの?

 
残留し続ける国分太一にも、疑惑が…
 

「国分はなぜクビにならないの?」
「なぜ国分は毎年生き残る…」
「国分のやらせ残留にはウンザリ」
出典:12月22日ツイッターより

 
視聴者は、何となく気付いている…(?)
 
国分は、1998年放送のパート1からレギュラーとして出演。途中、クビ寸前まで追い詰められるシリーズもあったが、ギリギリでクビは免れ、およそ20年間残留し続けている。
 
レストランに通い慣れている、勘や運がいい、などの理由も挙げられるが、他のメンバーが続々と入れ替わる中、「なぜ国分だけ?」と疑問が残るのも無理はない…
 

 
SMAPの解散騒動の際、「あたらめてジャニーズ事務所の力を思い知った」とつぶやいていたファンも多く、「ゴチ」の残留や、情報番組の司会抜擢なども、「事務所の後押しだろう」とコメントをするアンチも多い。
 
これについても真相は不明だが、その可能性が「ゼロ」とはいえないだろう…
 
しかし
 

仮に「ヤラセ」だとしても…

 
インターネットが普及してからは、特にテレビ番組の「ヤラセ疑惑」が問題視されているが、シナリオやある程度の「やらせ」がなければ、面白いテレビ番組は成立しないだろう。
 


ウェブサイト同様、「医療情報」などについては絶対にNGだが、バラエティ番組の「やらせ」は、あってこそ面白くなるケースもある。「そういう番組が許せない!」というなら、観なければいいだけの話だ。
 
また、事務所の力であっても、能力がなければ直ぐに降ろされる。「ゴチ残留」も、ガチにしろ、やらせにしろ(?)、国分太一のある程度の実力があってこそ、だ。
 

出典:https://www.pakutaso.com

 
ただ、『ぐるナイ』に関しては、ゆるやかにではあるが、視聴率が下がり始めているようなので、メンバーの入れ替わりを機に、再び番組を盛り上げていく必要はありそうだ。
 

スポンサーリンク


 
ヤバイ大人の休息地

あわせて読みたい