綾瀬はるか♡満島真之介のアツアツ『コカ・コーラ』CMにそろそろ限界…「うざい、テロかよ!」

 
 
こんにちわ
【危機タイムズ】です。
 

スポンサーリンク


 
真冬なのに、アツアツ…
 

綾瀬はるかと満島真之介のコーラのCMが話題

 

 
年始から、連日・連夜流れ続けている、綾瀬はるかと満島真之介による「コカ・コーラ」のCM。今、人気絶頂ともいえる、トップスター2人の共演ということもあり、話題を呼んでいる。
 

「このコーラのCM、好きだなぁ」
「ラブラブっぷりにキュンキュンする♡」
「普通に最高だった!最後とかやばかった!」
出典:ツイッターより

 
同棲しているカップルの日常を見事に演出し、あくまでナチュラルに(?)コーラを飲むシーンを取り入れている。ストーリー性も、美男美女という絵面も、そして商品のプロモーションも完ぺきだ。視聴者からも、絶賛の声が続々と寄せられている。
 
と、その一方で…
 

恋人がいない視聴者からは「死にたい…」

 
そう、この「アツアツ」のCMを観るたびに
 

「コーラのCM、独りの私は心が壊れそう」
「2人でコーラ飲むシーンまじキレる…」
「コーラのCMうざい、テロかよ!」
出典:ツイッターより

 
色んな意味で、「心が折れる」視聴者たちが続出している…
 
まず、綾瀬はるかと満島真之介のファンによるお怒りツイート、「ダイエット中なのにコーラのCM連発しないで!」という、痩せられない女子からのツイート、そして、「自分の虚しい日常が、さらに虚しく感じる…」という、お独り様たちの、嘆きの声…
 

 
リビングでくつろぎながら、コーラお供に2人でサッカー観戦。彼女の風呂上りに、彼氏が差し出すコカ・コーラ。そして、ベッドの上に寝転びながら、1つのコップに2つのストローで飲む、就寝前のアツアツ♡コーラ…
 
「綾瀬はるか」という時点で完敗しているのに(?)、追い打ちかけてこんなラブラブ同棲生活を見せつけられた“お独り様”が、「死にたくなる…」とつぶやくのも、当然だ…
 
このCMの狙いとしては
 
「アツアツなカップル、うらやましい~!」
「私も、彼氏とアツアツでコーラ飲もうっと♡」
 
と、SNSなどで拡散させ、商品購入に繋げる戦略ではないかと思われるが(?)世の同棲しているカップル・夫婦たちが、みんなこのCMのように“アツアツ♡”とは限らない。「臭いから、そんな顔近くに寄せないで!」と、怒鳴りつけられるかも…
 
それならまだいいが、そもそも「一緒にコーラ飲む相手なんていねえよ!」とつぶやくお独り様が、圧倒的多数を占めるのではないだろうか…
 

 
何より、この「アツアツ♡ラブラブ」なCMが成立するのは、トップ女優の綾瀬はるかと、イケメン俳優の満島真之介が出演しているからこそ…
 

 
な、はずが…
 

満島真之介の認知度が、意外と低い?

 

スポンサーリンク


 
「綾瀬はるか、可愛すぎる♡」というつぶやきは殺到しているが、お相手の満島真之介へのツイートは、比較すると少ない、どころか…
 

「相手の男の人、誰?」
「見たことある気がする…」
「俳優なのかな?」
出典:ツイッターより

 
「認知」していない視聴者もいる…
 
満島真之介はご存じ、女優・満島ひかりの弟で、コーラのCM以外にも、「ユニクロ(UNIQLO)」や「SUUMO(スーモ)」など、大手企業のCMに出演する、今をトキメく人気俳優。
 

スッキリ爽やか2017 #コカコーラ

満島 真之介さん(@mitsushimax)が投稿した動画 –


出典:満島 真之介ツイッターより

 
インスタグラムのフォロワーも、18万人を超える大盛況。
 

 
ブレイクのキッカケとなったのは、松重豊の「はやくいってよ~」がインパクト絶大だった、クラウド名刺管理『Sansan』のCM。 あの台詞もそうだが、満島真之介のゆる~いキャラクターも、このCMが人気を博した理由のひとつだ。CM好感度と売上も上々だったようで、続編も放送されている。
 

 
また、2016年にはバラエティ番組にも積極的に出演し、「イケメンだし面白いし、最高♡」と、女子たちを中心に人気が上昇。「2016年のブレイクNo,1俳優」とも囁かれていて、顔もキャラクターも、そして姉に負けずとも劣らない演技力も、評価されている。
 
ちなみに、2014年末に姉・満島ひかりのマネージャーの女性と結婚しているので、そういう意味で期待をした女性諸君は、いち「俳優」として、満島真之介氏を応援していただきたい…
 

風俗行ったら人生変わったwww
 
さて、そんな「批判」もいくつか見られた、『2017春コカ・コーラ』のCMだが…
 

売上は好調「コーラの消費がハンパない」

 
綾瀬はるかが、あまりにも美味しそうにコーラを飲むものだから
 

「CM見たらおいしそうで珍しく飲みたくなる」
「綾瀬はるかがCMしてるからコーラの消費がハンパない!」
「むしろ綾瀬はるかとコーラが飲みたい!!」
出典:ツイッターより

 
こういったつぶやきが続出している。単身者への「テロ」は起きたようだが、商品のプロモーション戦略は「成功」だったといえるだろう。
 

出典:

 
「糖尿病まっしぐらです!」という声も…
 
また、こういった「悪い評価」が下されるのも、反響があったという意味では成功といえる。ツイートすらされないようなCMでは、宣伝効果も期待できない。炎上させている政治家やアイドルも、注目されないよりは、された方が「価値がある」といえるだろう。
 
ちなみにこのCM、もっとも話題になっていたのが、綾瀬はるかが可愛いということや、単身者への「テロ行為」ではなく、「アツイ」のイントネーションが違うとの指摘。
 

 
「熱く(あ↑つ↓く↓)」
「暑く(あ↓つ↑く↑)」
 
確かに、こんな使い分けがあったとは…
 

スポンサーリンク


 
ヤバイ大人の休息地
 

あわせて読みたい