また問題動画?また北九州市?「平和通駅」で モノレールを停止させた中学生は誰?

 
 
こんにちわ
【危機タイムズ】です。
 

スポンサーリンク


 
「またか…」と呆れ声が広まる
 

中学生が「問題動画」撮影で列車を止める…

 


13日(金)、北九州高速鉄道の「平和通駅」で、中学生がホームからレールに入り、歩いたり寝そべったりしてモノレールを緊急停止させたことが、大きな話題になっている。どうやら、その様子を「動画」に撮影し、SNSに投稿するためだったようで、「軽い気持ちでやった」そうだが、「まあ、中学生だから仕方ないよね」では済まない、大炎上する騒ぎに発展していて…
 

「これ、いたずらで済ませて良いものか」
「今後のためにも、しっかりと処罰を」
「未成年だからって簡単に許したらいけない」
「いたずらじゃなく犯罪だろう」
出典:http://headlines.yahoo.co.jp

 
騒ぎを起こした中学生に、「厳しい処罰を!」という批判の声が飛び交っている。
 

塀の中の少年たち 世間を騒がせた未成年犯罪者たちのその後
 

「おでんツンツン男」を知らない?

 
年末から、「問題動画」によるニュースが度々取り上げられているが
 


最も大きな話題となった、「おでんツンツン男」の報道を知らないのだろうか…?
 


また、その数日後には「牛丼トング混ぜ男」の問題が取り上げられ、今年1月冒頭には、「チェーンソー振り回し男」が逮捕されている。どれもくだらない事件だが、結果「容疑者」としてニュースに取り上げられ、世間を「笑わせる」つもりが、「笑いごと」では済まなくなってしまった。いや、ある意味では「笑わせる」ことにはなったが…
 
騒動のキッカケとなった「おでんツンツン男」が逮捕されたのは2016年12月15日、「牛丼男」や「チェーンソー男」が投稿した問題動画は、それ以前に撮影されたもので、「おでん」事件を受けて、後に問題として取り上げられた。このニュースを見て、「ヤバい!」と思ったのだろう、彼らは直ぐに謝罪動画を投稿し、罪を免れようとしていた。
 
しかし、今回の「モノレール停止男(の子)」は、動画を撮影したのが2017年1月13日。つまり、これらのニュースを見た上で投稿していることになる。彼らが起こした事件を見た(知った)上で撮影したのであれば、学習能力が無さすぎるし、これだけ大きなニュースになった事件を知らないのであれば、中学生とはいえ無知過ぎる…
 

聖者の行進 DVD-BOX
 

「未成年」だからでは済まない

 
ここまで大きなニュースになると思わなかったのか、批判を受けて直ぐに「問題動画」を削除したそうだが、既にツイッターやYouTubeでアップされた動画が拡散している…
 

 
おそらく、これらの動画もまた削除され、また別のユーザーがアップして、の繰り返し。一度投稿してしまった画像や動画は、完全に削除することができないのが、ネット社会の恐ろしさだ…
 
ネット社会の恐ろしさは、それだけではない。事件を起こした未成年者は、ニュース番組などでは顔や名前を伏せて報道されるが、ネット上では、メディアサイトや一般ユーザーなどが公表してしまうケースが増えている。この中学生も、逮捕されたわけではないのに、今後、名前や学校名などが調べ上げられ、個人情報が流出してしまう可能性も高い。未成年が、「法律で守られている」という時代は終わった…
 
恥をかくだけでなく、今後の進学や就職にも影響を及ぼすかもしれない。おそらく、「目立ちたかった」という理由で投稿したのだろうから、こういう事態を招いたことは「本望」だろうが、その代償は大きすぎる…
 

[弁護士がきちんと教える] 交通事故 示談と慰謝料増額 (暮らしの法律)
 

親が支払う「賠償額」は?

 

スポンサーリンク


 
この少年たちが起こした騒動により、上下線で計7本が遅れ、約400人に影響が出た。「遅延」による賠償請求額は、ケースによりけりで、損失放棄することもあれば、億単位を請求されることもある…
 
今回の事件くらいでは、「初犯」だし、おそらく少年の両親には請求はいかないのでは?という予想が、ネット上でされているが、100%請求されることが無いとはいえない。そして、その両親に対しても
 

「こんなバカを育てた親が悪い」
「謝罪くらいはしろ!」
「高額な請求をすべきだ」
「アホを育てた親も地獄を見るね」
出典:http://headlines.yahoo.co.jp

 
こういった、厳しい批判が寄せられている。
 

 
子供が犯した罪により、親が世間から叩かれ、謝罪するハメになる。コメントにもあったように、「そんな子供に育てた親が悪い」と言えばそれまでだが、気の毒だ…
 


また、成人式の暴走に続き、生後3カ月の赤ちゃんを殺害した悲惨な事件が発覚したばかりの、北九州市。今回の「モノレール停止事件」で、半月だけで3回も“悪いニュース”として取り上げられ、「また北九州市かよ」、「やっぱり地域性の問題だね」と、同市のイメージもさらに悪くなってしまった。彼(ら)が犯した罪も、「おでん」や「チェーンソー」同様、笑いごとでは済まなくなっている…
 

これでいいのか福岡県北九州市
 

「注目されたい」が人生を破滅に導く…

 
スマホが普及し始めてから、こういった「問題動画」による事件が急増しているが、彼らの目的である「注目されたい」は、悪い意味で注目されることがほとんどで、仮に「炎上」が目的だとしても、そのリスクは大きすぎる…
 

出典:https://picjumbo.com

 
やってしまってから「こんなとんでもない事態になるなんて」と後悔しても遅く、遊び半分で撮影した動画が、後の自分の人生を大きく左右してしまうことも…
 
これまでも、未成年者によるこういった事件はいくつもあったが、SNSの普及により、直ぐに発見され、叩かれ、大きな事件に発展するようになった。「面白い動画で注目されたい!」というなら、事件性のないものを投稿すればいいものを、過去の事例を無視して、わざわざ問題になるような動画を投稿するのであれば、同情の余地はない…
 
そして、コンビニのおでんをつついても、線路で寝たりレールを歩いたりしても、誰も凄いとも面白いとも思っていない。ただ、笑いものになって終わるだけだ…
 

スポンサーリンク


 
ヤバイ大人の休息地
 

あわせて読みたい