【婚テロ】クリスマスイブに婚約発表をした長友佑都&平愛梨に「若干、イタイ…」と批判も?

 
 
こんにちわ
【危機タイムズ】です。
 

スポンサーリンク


 
クリスマス・イブに、おめでたいニュースが舞い込んできた。
 

長友佑都と平愛梨が婚約を発表

 


インテル・ミラノの日本代表、長友佑都と、女優/タレントの平愛梨が、本日12月24日(土)、都内で「婚約会見」を開いた。
 
今年6月、取材に応じた長友が「僕のアモーレですね」と交際宣言をし、「アモーレ」が大フィーバー。12月1日に発表された、『ユーキャン新語・流行語大賞』では、その「(僕の)アモーレ」がノミネートされ、長友の代わりに平愛梨が授賞式に登場し、話題を集めたばかりだ。
 

 
2016年は、彼らの「ラブラブっぷり」が公になり、年が明ける前、しかも「クリスマスイブ」に婚約発表。さらに、2017年1月29日には、婚姻届を出すとも明らかにし、まさに「幸せ絶頂」の長友&平。
 
そんな彼らに、早速
こんな心無い声が寄せられている…
 

【2017年版】 MOON WAVE NOTE (手帳:B6サイズ)
 

「この2人、ちょっともういいかなって感じ…」

 


「平愛梨さんと結婚します!」と写真付きで投稿した、長友佑都の公式ツイッターには、24日17時現在までに、3万を超えるリツイート、11万の「いいね!」がされていて、反響の大きさを物語っている。コメント欄にも、「結婚おめでとうございます!」「アモーレとお幸せに♡」など、続々と祝福のコメントが殺到しているが
 
ツイッターやYahooニュースのコメント欄を見てみると
 

「なんかこのカップル受け付けないなぁ。何でだろう?」
「アモーレ!は、もういいや。ちょっと食傷気味」
「ここ最近で一番興味ない記事」
「お互い、いい歳して痛々しい」
「この記者会見、要る?って、みんな思ってるのは解った」
出典:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161222-00000370-oric-ent

 
こういった「妬み丸出し」のコメントが投稿されている…
 
12月冒頭には、その「アモーレ」がノミネートされたことで、再び話題にはなったが、彼らが指摘しているほど、「しつこく」報道しているという印象はない。視聴者が何に引っかかっているかというと、「しつこい」「ウザイ」という幼稚な理由だけでなく、これが「婚約発表」だということ。わざわざ会見を開くなら、婚姻届けを提出する1月でいいのでは?ということだ。それも、一理ある…
 
芸能人という立場で考えれば、「婚約記者会見」を開くことは当然のような気もする。ただ、「クリスマスイブ」を選んだことが凶と出たか、何もやることがない、退屈なネット民たちの「格好のエサ」になり、こうして「プチ炎上」を起こしてしまったというワケだ…
 

長友佑都のヨガ友(トモ) ココロとカラダを変える新感覚トレーニング
 
さらに、こういった「嘆きの声」も寄せられている…
 

これを「婚テロ」と呼ばずして何という!

 
そう、今日は12月24日。彼らも、当然「クリスマスイブ」を意識して、今日「婚約発表」をしたのだろう
 


が…
 
「彼氏がいない」
「フラれたばかり」
「独身」
「部屋で独り」
 
こんな状態で「婚約発表」を見た婚活難民の女子たちからは、「この記者会見って、婚テロそのもの…」というつぶやきが寄せられているのだ…
 


「婚テロ」とは、「ある日突然、結婚の報告をしてくるSNSの投稿」のことを言う。しかし基準は曖昧で、既に発表されているものでも、「結婚」にまつわる話題、投稿が、単身者の胸を貫けば、それは「婚テロ」と呼んでも間違いではないだろう…
 
夫は年俸4億円と囁かれている、世界の一流プレイヤー。優しい、一途、性格良い、顔もそこそこ(?)。さらに自分(平愛梨)自身も超美系の人気タレント。おまけに「僕のアモーレ」と公開プロポーズされ、クリスマスイブに「婚約発表」、来年には「婚姻届け提出」
 
イブに、すっぴんで、一人寂しく、お菓子を食べながらこのニュースを見てしまったら、それは「婚テロ」以外のなにものでもないだろう…(?)
 
そんな、平愛梨に「婚テロ」を食らった婚活難民の諸君に告ぐ
「自分を磨こう」…
 

スパルタ婚活塾
 

平愛梨は「アンチ」が多い?

 

スポンサーリンク


 
暴言を吐くわけでもなく、美人を強調しているわけでもなく、男のウワサが絶えないというわけでもなく、特に「嫌われる」ような要素はないように思える、平愛梨。
 


しかし、以前「アモーレ」で世間を騒がせた時にも、彼女に寄せられたコメントは酷いものばかりだった。「この人ってこんなに嫌われていたの!?」と、驚いた方も多いのではないだろうか。
 
今回の「婚約発表」で寄せられたコメントも、長友への批判よりも、圧倒的に「平愛梨叩き」が多い。
 

「おめでとうと言いたいところだが、どうも平愛梨が嫌いで…」
「これといって、取り柄ないですしね」
「お嬢さま育ちで一般常識も教養もないみたいだけど大丈夫?」
「平さんいい子なんだろうけど、ちょっと疲れるかも…」
出典:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161222-00000370-oric-ent

 
なぜ?
 

 
もしかすると、11月にフライデーが報じた、関ジャニ丸山との「浮気報道」が、ジャニーズファンの怒りをかきたてたことで、こういったコメントが寄せられているのかもしれない。2015年には、同グループの村上信五ともウワサになっている。
 
ただ、ヤフコメやツイッターは、人物が特定できないものが多いので、男なのか女なのか、何歳くらいの人が投稿しているか、分からないものが多い。一概に「ジャニーズファンが叩いている」とはいえないだろう。明らかに男性がバッシングしているようなコメントも見受けられる。
 
その他には、w-indsの千葉涼平とも熱愛が報じられたが、それが「嫌われている理由」とは考えにくい。
 

 
「天然ボケがわざとらしい」、「したたかな感じがモロに出ている」など、計算っぽさがモロに出ている、という指摘もある。そう見えないこともないが、これが素の彼女かもしれないし、計算だとしても、男はこういう女子に弱い。計算高く芸能界を渡り歩き、いい男を捕まえたのであれば、評価すべきである(?)
 
また、わざわざ批判コメントを投稿するような、ネット民たちに「嫌われる」要素をもっているだけで、コメントをしていない一般視聴者からの好感度は、さほど悪くないということも考えられる。
 
こういった「アンチ」たちにこれ以上振り回されたくないのであれば、このままスッパリ引退して、スポーツ選手を支える「主婦」に徹底するのも、彼女にとってはいい選択なのかもしれない…
 

長友佑都体幹トレーニング20
 

自分が「イタイ人」になる前に…

 
さて、長友&平の「婚約発表」に、こういった心無いコメントを投稿してしまったアナタ
 


今日が「クリスマスイブ」ということを、お忘れではないだろうか?
 
彼らの幸せを妬むようなコメントを、わざわざクリスマスイブに投稿して、「あ~スッキリした!」なんて思っているのであれば、「イタイよね」って言っている自分が、実は「一番イタイ人」になっていることを認識すべきである。
 
「どうせ名前も顔も分からないからいいや」
「いいたいこと言っちゃえ」
 
確かに、「誰が投稿したか」は分からないので、自分が「イタイ人」だということは、世間にバレずに済むだろうが、そんな卑怯な方法で、他人の幸せを妬むようなコメントを、こそこそ投稿している自分、しかも「クリスマスイブ」に…
 

クリスマス・イブ
 
大丈夫か…?
 
クリスマスイブにネットサーフィンしかすることがないのであれば、人の幸せを妬むより、自分が彼ら同じような幸せを掴める方法を、考えてみる時間にしてみては如何だろうか…
 

出典:https://www.pakutaso.com

 
考え方ひとつ変えるだけで、来年はあなたの「クリスマスイブ」も、最高の1日になっているかもしれない…!?
 

スポンサーリンク


 
 
 
ヤバイ大人の休息地
 

あわせて読みたい