所ジョージに逆恨み?幸地翔太(こうちしょうた)容疑者の逮捕で見直そう…落書きは『器物損壊罪』!

 
 
こんにちわ
【危機タイムズ】です。
 

スポンサーリンク


 

所ジョージの自宅に落書きをした男が逮捕された

 


先月11月7日に、タレント所ジョージの事務所『世田谷ベース』(世田谷区成城)の塀に、「所ジョージ死刑」、「サトラレ電波死刑」などの落書きがあったことが発覚し、大きな話題となっていたが、防犯カメラの映像から、その落書きをした男が浮上。
 
犯人の名前は、幸地翔太(こうちしょうた)。年齢は31歳、現在は東京都町田市に住んでいる、職業不詳の男だそう。顔写真はコチラでチェックできる。調べに対し、「所ジョージの芸能活動に気にくわない点があり、腹いせにやった」と話しているそうだが…
 

 
超大物ではあるが、態度がデカいわけでもなく、問題発言をするタイプでもなく、暴走することもほとんどない。割と「無難」に芸能活動をしてきているように思えるが、いったいどこが気にくわなかったのだろうか…
 
その、「世渡り上手」「要領の良さ」が、鼻についたのだろうか…?
 
幸地容疑者は、おそらく「職業不詳=無職」なので、所ジョージのようなタレントは、「楽に稼いでるように見えた」ということも考えられる。いわゆる逆恨み、嫉妬による反抗か?それとも、一般視聴者が見逃している、幸地容疑者がここまで怒り狂うような「問題発言」が、過去にあったのだろうか…
 
理由はどうであれ、落書きは『器物損壊罪』
そう…
 

メディバンペイントタブレット〜無料漫画イラスト・簡単お絵かき
 

結構重罪?『器物損壊罪』

 

【器物損壊罪】
・刑法第261条
前三条に規定するもののほか、他人の物を損壊し、又は傷害した者は、三年以下の懲役又は三十万円以下の罰金若しくは科料に処する。
出典:https://ja.wikipedia.org/wiki

 
意外と、重い罪なのだ…
 
但し、洗って落ちる落書きであれば、「検挙」は見送られた判例もある(清掃代は損害賠償で請求される)。落書きをした時点で「即逮捕」ということにはならないようだが、今回のケースのように、悪質極まりないものなど「内容の度合い」によって、刑の重さは変わるようだ。
 
また、「塀」だけでなく、「道路」へ落書きについても「器物損壊罪」若しくは「道路交通法違反」にあたるケースもある。刑については制定している自治体によりけり、「落書防止条例」により、数万円の罰金を課されることもあるようだ。
 

 
街を歩けば、そこら辺の塀にスプレーで描かれた落書きを見掛ける。「落書きは犯罪です」という注意書きが張られていたりするが、「どれだけ重い罪なのか」ということを認識している若者は少ないだろう…
 
「謝れば何とかなるでしょ」「バレなきゃ大丈夫」「とりあえず描いちゃえ」という何気ないイタズラが、「逮捕」されるという事態にまで発展…
 

Lindo 4枚セット ウォールパネル グラフィック グラフィティ 落書き ストリート スプレー インテリア アートパネル 壁掛け お洒落 北欧 雑貨 壁 パネル アート 飾り 新築 リビング シール ファブリックパネル お祝い ホテル 店舗 写真 ギフト プレゼント 風景 オープン祝い デコ 簡単
 
しかも…
 

「超ヤバい落書き」で名前と顔が全国に知れ渡る…

 

スポンサーリンク


 
「所ジョージ死刑」はともかく…
 

出典:週間女性PRIMEhttp://www.excite.co.jp/News/entertainment_g/20161114/Jprime_8503.html

 
「サトラレ電波」って何なんだ…?
 


しかも、「サトラレ電波」については2か所も描かれていたという。そこまで伝えたかった「サトラレ電波」、いったいどういう意味をもった造語なのだろうか…
 
ちなみに、「サトラレ」というのは
 

サトラレ(1) (イブニングコミックス)
 
ご存じの方も多いと思うが、講談社の雑誌『イブニング』に連載された佐藤マコト氏による漫画(全8巻)のタイトルで
 

【作品説明】
「サトラレにサトラレであることを気づかせてはいけない」――“サトラレ”とは正式名を「先天性R型脳梁(のうりょう)変性症」という謎の奇病によって、口に出さずとも自分の考えが周囲の人に“悟られ”てしまう不思議な能力の持ち主のコト。そして、例外なくあらゆる分野で天才的な功績を残すほどの才能を持つ彼らを、密(ひそ)かに保護するサトラレ対策委員会。これは、サトラレの青年・西山幸夫(にしやま・ゆきお)と彼を警護する小松洋子(こまつ・ようこ)、そして……その他大勢による少し不思議な物語。 
出典:http://sokuyomi.jp/product/satorare_001/CO/1/

 
こういった作品説明がされている。
 
この「サトラレ」という漫画からネーミングしたのかどうかは定かでないが、電波(テレビ?)によって「自分の思考が読み取られてる」と思い込んでいた、ということだろうか…(?)
 
もしかしたら、所ジョージがテレビで話していたことが、自分の現状にピッタリ当てはまり、「こいつ、俺の頭の中を盗み見ているやがるな…」と被害妄想に陥ったため、今回の落書き事件に至った、という可能性も…(?)
 
この、超意味不明な造語だけでなく、フルネームも、住まいも、「無職」ということまで全国に知れ渡ってしまった、幸地容疑者。おそらく、これからSNSの投稿や顔写真もネット民たちに暴かれていくのだろう…
 
本人が世間に叩かれたり、罪を償うのは当然だが、家族やSNSに写っている友人にとっては大迷惑である。「あの“サトラレ電波”って書いた奴の家族なのか」「仲良さそうに写ってるけど、“サトラレ電波”って書いた人の友達なの?」という偏見の目で見られてしまう可能性もある…
 
「たかが落書き」では済まない…
 


「犯罪を犯す」こと自体はもちろん、その行為に及んだ後に、周囲の人間にどれだけ迷惑を掛けるのか、よく考えてほしいものだ…
 

サトラレ(2) (イブニングコミックス)
 

『年末ジャンボ宝くじ』も事件に影響している…?

 

 
11月24日(木)から発売がスタートした(12月23日(金)まで)、『年末ジャンボ宝くじ』。このCMのキャラクターとしてもおなじみとなった、所ジョージだが
 
『年末ジャンボ宝くじ』公式サイト
http://www.takarakuji-official.jp
 
幸地容疑者は、現在無職(職業不詳)。もしかしたら、宝くじを買い続け、「一獲千金」を狙っていたが、なかなか当選しない逆恨みで、「腹いせ」に落書きをしたということも考えられる…(?)
 

 
幸地容疑者の言う「気にくわない点」が何だったのか、これからの調査で明らかになってくるかと思われるが、あの穏和な、好感度の高い所ジョージでさえ、ターゲットになってしまうなら、言いたい放題の著名人たちは、冷や汗ものだろう…
 


また、ネット上で「殺害予告」などを書き込むことも、「犯罪行為」である。「そんなつもりじゃなかった」では済まされない…
 
壁にしろ、道路にしろ、ネット上にしろ、「人を脅す」書き込みで「逮捕」されてしまうことを、認識していない人が多すぎる。もしくは、逮捕されるとわかっていても、それでも「どうしてもコイツには言ってやりたかった」ということか…
 
その代償は大きすぎる。
 

スポンサーリンク


 

開運■宝くじ入れ 叶う神棚■祈りの黄金神宮■神を呼ぶ鏡付き■当選 祈願■馬券入れ サマージャンボ 年末ジャンボ LOTO 宝くじ受け
 

良問満載! 年末ジャンボクロスワード (晋遊舎ムック)
 
 
ヤバイ大人の休息地
 

あわせて読みたい