【不倫した上嫌がらせ】山梨県昭和町の46歳ストーカー女、竹川美和の「執着心」がヤバすぎる…

 
 
こんにちわ
【危機タイムズ】です。
 

スポンサーリンク


 
「人の恋心」は時に恐ろしい…
 

不倫相手の妻に2千回迷惑電話を掛けた女が逮捕

 
2016年の『新語・流行語大賞』にノミネートするほど、大ブームとなった「ゲス不倫」。当然だが、不倫しているのは著名人だけはナイ。むしろ、世の中には明るみになっていない「ゲス不倫」は、履いて捨てるほどある。そういう人ほど、SNSで「ベッキー信じられない!」とか言っていたり…
 
そんな中
 


不倫相手の妻に、約1年2カ月にわたり「2000回」迷惑電話を掛け、「ストーカー容疑」で逮捕された女がいる…
 
逮捕されたのは、山形県昭和町に住む46歳の女性パート従業員、竹川美和容疑者。不倫相手の妻に、迷惑電話を掛け続けたこの女は論外だが、相手の男性(被害女性の夫)も、妻が迷惑電話に悩まされていることを、「まったく知らなかった」というはずはないだろう。
 
竹川容疑者に「これ以上電話するな」と強く言えない事情があったのか、注意は促したが全く効果がなかったのか、はたまた、何か特別な事情があり、放置せざるを得なかったのか…
 
「特別な事情」のひとつとして挙げられるのが…
 

不倫が教えてくれる女と男のルール―――揺れる女ごころの悩みに答える本
 

竹川美和の逮捕は2回目だった!

 
2007年2月に「毎日新聞」が報じたコチラの記事には、2006年12月に交際していた男性の妻に対して、『「計6400回の迷惑電話」、「使用していた乗用車を複数回にわたって傷付けた」などの疑いにより、同県昭和町のパート従業員の女性、竹川美和容疑者(36)が逮捕された』と書かれている。
 
当時の年齢、住所、状況からみて、間違いなく同一人物(竹川美和)による犯行だ。そして、被害にあった女性も同じ人物であることが分かる。
 
2006年に逮捕された際には、「2004年2月頃から3年間にわたり、被害女性に精神的な傷害を与えた」と報じられている。今回は「1年2ヶ月で2000回の迷惑電話」。どちらも、1日平均「5~6回」迷惑電話をしていたということになる。よくまあ、ここまで長期間にわたり、飽きもせず、電話代も気にせず、同じ相手に電話し続けられたものだ。
 

出典:https://www.pakutaso.com

 
これが、「恋心」から生まれた「女の執着心」か…(?)
 
被害女性とその夫が沈黙していたのは、この女が以前のように暴走することを恐れ、「とりあえず様子を見ておこう」と思ったからかもしれない。この女の酷く醜い執着心に、「殺されたらどうしよう」という不安もあっただろう…
 

「ストーカー」は何を考えているか (新潮新書)
 
しかし、この事件
 

「不自然な点」がいくつか見受けられる…

 
被害女性の旦那(竹川容疑者の不倫相手)が、ナゼこの女の暴走を食い止められなかったのか、という事以外にも、「どうしてなのか?」とツッコミたくなる、気になる点がいくつか見受けられる。
 
例えば
・「なぜ電話番号を変更しなかったのか」
・「なぜもっと早い段階で警察に相談しなかったのか(前回、今回どちらも)」
・「なぜ被害女性はこの夫と離婚しなかったのか」
など…
 
携帯、固定電話共に、番号を変更することは可能だが、何度番号を変更をしても、調べて掛けてきたということか。はたまた、変更することによって、生活上大きな問題が生じるため(?)変更することができなかったのか、もしくは、「番号を変えよう」という考えすら浮かばなかったのか。それはあり得ないが…
 
また、過去の逮捕を受けて、旦那も相当懲りているハズなのに、どうしてすぐに警察に「また同じ女が迷惑電話掛けてきています!」と通報しなかったのだろうか。1年2ヶ月も様子をみる必要はないと思われる…
 
何より、被害女性がこの夫と離婚しなかったことが不思議だ。1度のみならず、2度も同じような精神的苦痛を味わわされ、しかもその理由が「不倫」していたからだというのに。「離婚裁判」に持ち込めば、おそらく相当高額な慰謝料が請求できるだろう…
 
それでも別れなかったのは、夫への「深い愛情」からか
はたまた
 

 
女同士のマウンティング
竹川容疑者に対して「夫は私のモノなの!」という強い意思をみせるためか…
 

ファースト・クラス [DVD]
 

こんな小さな町で堂々と「不倫」して大丈夫…?

 

スポンサーリンク


 
竹川容疑者が住んでいた山梨県昭和町
 
【面積:9.08 km²】
【総人口:19,693人】
 
と、決して「大きい」とはいえない町。
 
山梨県昭和町ホームページ
https://www.town.showa.yamanashi.jp/
 

 
昭和町も、こんな騒動で知名度を高めてしまい、いい迷惑である…
 
隣の住民の名前も知らないような大都市ならともかく、1キロ先の家の事情も筒抜けになるような田舎町で、よくまあ堂々と「ゲス不倫」ができたものだ。世間から後ろ指を指されることなど、全く気にしなかったのだろうか?
 

 
また、一線を超えて「不倫」してしまうにしても、せめて「相手の家族に絶対バレないようにする」、「相手の家庭には絶対迷惑を掛けない」など、最低限の配慮はするべきである。竹川容疑者はそのラインを超えるどころか、「ストーカー容疑」で逮捕されるまで「迷惑行為」を行っていたという、とんでもない「ルール違反」のバカ女である…
 
何度嫌がらせをしたところで、「相手の男が被害女性と別れて、自分のところに来てくれる」なんてことはないだろう。しかし、1日5回も6回も意味不明の迷惑電話をする、狂いに狂ったこの女に、何をどう説明しても無駄だ…
 

出典:https://www.pakutaso.com

 
心配なのは、この女が戻ってきた時に、再び被害女性に迷惑行為をするのではないか、ということだ。通報された恨みから、次はさらにエスカレートした嫌がらせをすることが予想される…
 
今のうちに、夫と離婚してしまうか、夫と一緒に遠い街に引っ越すか
何かしらの対策をとっておく必要がありそうだ…
 
しかし、「不倫相手の男」ではなく、まったく関係ない「相手の妻」を恨むというのも、「女性特有」というべきか。何にせよ、これ以上大きな事件に発展しないことを祈る…
 

スポンサーリンク


 

昼顔~平日午後3時の恋人たち~ DVD BOX
 

両成敗(初回生産限定盤)
 

ファーストクラス(season2 DVD-BOX)
 
 
ヤバイ大人の休息地
 

あわせて読みたい