2016年『流行語大賞』は「パーフェクトヒューマン」や「安倍マリオ」よりも“連呼”されたアレが大賞か!?

 
 
こんにちわ
【危機タイムズ】です。
 

スポンサーリンク


 

2016年『ユーキャン新語・流行語大賞』ノミネート発表

 
昨日、11月17日(木)に発表された『ユーキャン新語・流行語大賞』ノミネート30語。この「流行語大賞」と「紅白出場歌手」が発表されると、「いよいよ今年も終わりか…」と実感する、いわば「日本の風物詩」のようなものになっているが
 
今年は
 


後半、一気に火が付いた、ピコ太郎の「PPAP」や、事故などが問題視されている「ポケモンGO」、それに伴った「歩きスマホ」、選挙関連では、7月に都知事に就任した、小池百合子都知事の名言「都民ファースト」「レガシー」や、今なお盛り上がりをみせている、アメリカ時期大統領選挙による「トランプ現象」など、耳馴染みの30語が並び、ネットでは早速、様々な意見が飛び交っている。
 
「おそ松さんって何?」
「ジカ熱は違うんじゃ…」
「AIは流行語ではない気がする」
「アモーレはすでに古い」
「パナマ文書の無理くり感」
 
など
主には「批判的」なものが多い…
 
ノミネート作品一覧
http://singo.jiyu.co.jp/
 
そして、この30語の中から惜しくも漏れてしまった「流行語」に、「これが入っていないのはおかしい!」と討論(?)になった情報番組もあるという…
 

ペンパイナッポーアッポーペン(PPAP)
 

「安倍マリオ」や「パーフェクトヒューマン」は?

 


今朝18日放送の「白熱ライブ ビビット」(TBS)では、街の声をもとに、出演しているMCやゲストたちが、2016年の「新語・流行語大賞」について、「ノミネートされるべき流行語が入ってないのでは?」と、意見を寄せ合ったようだが…
 
それが
 

 
8月、過去最多のメダルを獲得し、凄まじい盛り上がりをみせた、「リオオリンピック閉会式」での安倍首相による「安倍マリオ」
 

 

 
それから、芸人・オリエンタルラジオによるユニット「RADIO FISH」による、大ヒット曲「PERFECT HUMAN(パーフェクトヒューマン)」
 
そして
 

 

真田丸 完全版 第参集
 
高視聴率を記録している、NHK大河ドラマ『真田丸
 
たしかに、どれも2016年を代表する「流行語」というべくワードばかりだ。ノミネートされている「新しい判断」や「神ってる」、「パナマ文書」なんかよりは、よほど耳にした、目にしたようが気がする。これにより、昨年受賞した「トリプルスリー」のように、さほど流行ってもいないワードが受賞することで巻き起こる「流行語の基準は何なんだ!」という議論が、また今年も勃発しそうだ…
 
その中で、「これはおかしい」と、早くも問題視されているワードがある…
 

「流行語大賞」を読み解く (生活人新書)
 

「保育園落ちた日本死ね」はダメでしょ!

 
まず、このニュース自体忘れている方、そして「まったく知らない」という方も多いはず…
 


今年2月、30代前半の一般女性が、待機児童問題を指摘する内容として投稿したブログで、「保育園落ちた日本死ね!!!」と書かれていたことが話題(問題?)になったものだが、これには「その言葉自体が流行った気配はない」「これをノミネートさせる選考員の人格を疑う」「これは東京だけの問題だろう」など、批判が飛び交っている。
 
このニュースを知らなかった人、忘れていた人たちに、「こういった問題で困っている人たちがいる」という、労働環境への改善に繋がればいいという前向きな意見もあるが、それはさておき、この「保育園落ちた日本死ね」が、流行語大賞としてノミネートされていいのか、ということだ…
 

出典:https://www.pakutaso.com

 
さすがにこれが「大賞受賞」にはならないだろうが、ネガティブで危険なワード「死ね」がノミネートされてもOKなら、他にも2016年を賑わせた「ヤバイ」流行語はたくさんある…
 

保育士がたりない! ―待機児童問題が突きつけた日本の現実
 

「薬物」「機密文書」「強姦致傷」…

 

スポンサーリンク


 

 
まずは、今年2月に逮捕された、元・プロ野球選手の清原和博、そして、6月には、俳優の高知東生も続き、歌のお兄さん、葉山の議員など多数の著名人が逮捕されたことから、「覚せい剤取締法違反」というワードが上半期は大ブレイク。
 


そして、下半期(10月)では、女優の高樹沙耶が「大麻取締法違反」で逮捕され、長野県でも22人が一斉逮捕されることとなった、「大麻」「大麻草」という言葉も、「PPAP」なんかよりはよほど耳にした気がする。
 


そして、8月に強姦致傷の疑いで逮捕された、俳優の高畑裕太。彼が取り調べで言い放った「欲求を抑えきれなかった」、そして、異常な性欲が明らかになった過去のツイート「やるせない性欲に駆られてる」という2大ワードも、見逃せない…
 
さらに
 


今なお世間を賑わせ続けている、韓国の大騒動による「機密文書」、「朴槿恵(パク・クネ)」、「崔順実(チェ・スンシル」というワードも、ある意味「流行語」といえるのではないだろうか!?
 
こういった「事件性」のあるものを、流行語大賞としてノミネートさせることはできない、完全に除外される、という規定は今のところないようだが
 

流行語大賞は、その年に流行った言葉などから選ばれるが、世間を騒がせた事件・事故などの事案や著名人の不祥事・スキャンダルに絡んだ言葉が選ばれることもあり、マイナス面で流行った言葉を選定・受賞対象にすることは不適切であるとする批判が在る
出典:https://ja.wikipedia.org/wik

 
ノミネート作品を厳選するにあたっては、このような傾向があるようで、1995年の「オウム真理教」関連のワードが、当時いくつか上位に入ったようだが、世間の非難をあびることを予測し、ノミネートの時点で除外した、という例もある。
 
今年も、「熊本地震」ではなく「くまモン頑張れ絵」にするあたり、そういった「配慮」はうかがえるが、それで「保育園落ちた日本死ね」はオッケーというのも、何だかおかしな話だ…
 
「基準は何だ」と言われても致し方ない…
 

くまモンの非常持出しリュックセット(B) KMR-B
 

2016年流行語大賞は、やはり「アノ人たち」か…?

 
昨日発表された30語は、あくまで「ノミネート作品」であり、「年間大賞」は12月1日(木)17時に発表される。この30語の中から、おそらくいくつかが受賞するワケだが…
 

週刊文春 2016年 11/24 号 [雑誌]
 
今年は、やはり様々な話題を振り撒き、世間を賑わせ、楽しませてくれた「週刊文春」による「センテンススプリング」、「文春砲」そして「ゲス不倫」…このあたりが、かなり有力ではないかと予想されている。
 


しかし、今年の12月31日をもって「解散」することが発表され、1月から11月まで、途絶えることなく連呼されていた…
 

 
「SMAP解散」が、2016年の流行語大賞といえるのではないだろうか!
 
「文春砲」や「ゲス不倫」は、来年でも受賞できる可能性はあるが、「SMAP解散」は、本当にこれで最後なのだから…
 
追記
『2016ユーキャン新語・流行語大賞発表』


 

スポンサーリンク


 

SMAP 25 YEARS (初回限定仕様)
 
ヤバイ大人の休息地
 

あわせて読みたい