TAKATSUKING(関ジャニ村上)「王様クリニック」に続く新曲は久保田利伸プロデュースでマツコがミッシーに?

 
 
こんにちわ
【危機タイムズ】です。
 

スポンサーリンク


 
完成度の高いJ-HIP HOPが、あの番組から生まれた…
 

関ジャニ村上によるTAKATSUKING再始動

 
14日(月)放送の『月曜から夜ふかし』(日本テレビ)で、新曲「王様クリニック」を紹介した、関ジャニ・村上信五。
 

パノラマ(通常盤)
 
「王様クリニック」は、10月12日にリリースされた「関ジャニ∞(エイト)」名義のシングル「パノラマ」のカップリングとして収録されている。ちなみに、同曲は発売翌週のシングル・チャートで首位デビューを果たした。
 

※注)音源ではない
 
この曲のプロデュースを担当したのは、日本のブラック・ミュージックを引率する、あの久保田利伸氏。昨晩の放送では、本人が登場し、曲の紹介だけでなく、トークにも華を咲かせる満点のサービスを提供してくれた。
 

 
久保田利伸は、11月23日にデビュー30周年記念となる最強の3枚組ベスト盤『THE BADDEST ~Collaboration~』をリリースするようだが、残念ながら「王様クリニック」の久保田バージョンは収録されていない。
 
是非とも、本家「王様クリニック」も聴いてみたいものだ。
 

そもそもTAKATSUKINGって何なのか…

 
TAKATSUKINGが誕生したキッカケは何だったのか、というのは、コチラのサイトをご参照いただきたい。
 
2014年11月放送の同番組で、番組スタッフが由比ヶ浜を取材中に出会った「イルマニア」というグループ(?)のMCと、ラップを披露する村上信五の姿が「ソックリ」だとマツコが指摘したことで、誕生した音楽プロジェクト(?)とのこと。ちなみに、TAKATSUKING(タカツキング)のタカツキは、彼の出身地である「大阪府高槻市」からネーミングされている。
 


出典:イルマニア パリピ 代表さんインスタグラムより

こちらが、「イルマニア パリピ 代表」のMCMAという方のインスタグラム。投稿の内容から見て、割と意識高い系(?)ということが分かる…
 
番組でもおなじみとなった、「フェフ姉さん」や「ゆっこママ」との親交も深いようで、プライベートでも遊んだりしているようだ。気になる方は、インスタグラムをフォローしてチェックしてみよう。
 
ジャニーズ事務所の厳しい規制もあり、タカツキング(村上信五)のラップを公式サイトで視聴したりはできないようだが、過去の音源が、こちらの動画でチェックできるようなので、聴いてみよう。
 

 
「面白い奴は大体友達」、「愛 ♡ ヒップホップ」というリリックが登場する。完全にドラゴンアッシュ(Dragon Ash)のリメイク(というかパクリ)というのは、「故意的に」なのか、はたまた視聴者が「気付いていない」だけなのか…(?)
 
ちなみに、この曲「愛 Love You」は、2014年11月にリリースされた、関ジャニ∞の7thアルバム『関ジャニズム』の「初回限定盤B」にのみ収録されている。フル音源で聴きたい方は、コチラをご購入いただこう…
 

 

早くも次の新曲に向けて始動?

 

スポンサーリンク


 
番組後半に、司会のマツコ・デラックスが「インディーで出すなら、私も支援するわよ!」と明言。
 

SMAP 25 YEARS (初回限定仕様)
 
様々な問題(?)が浮上する中、ジャニーズの権力に逆らって「インディーズからリリース」するなんてことは間違いなくないだろうが、番組の人気と彼らのネームバリューからすれば、インディーで出した方が儲けは多いに決まっている。さすがだ…
 
さらに、「私、ミッシー・エリオットみたいになって踊ってもいいわよ」と話すマツコ。
 

Wtf [Analog]
 
ミッシー・エリオット(Missy Elliott)とは、90年代中期に登場した、アメリカのミュージック・シーンにおける、フィーメール・ラッパーの代表格で、「Get Ur Freak On」や「Work It」などのヒット曲で、一時代を築いた。
 

 

ミスE…ソー・アディクティヴ
 
2000年代中盤からは、ダイエットに精を出し、少しずつほっそりし始めるが、2000年代初期までは、かなり体格が良く、アメリカのビッグ・ママみたいな体系だったため、自分とリンクすると思い「ミッシーやるわよ」と言ったのだろう。
 

 
たしかに、マツコがミッシー役を務めれば、かなり面白い仕上がりにはなりそうだ。また、その話を横で聞いていた久保田利伸が…
 


出典:音楽ナタリーツイッターより

「あっ!そういう感じ?それなら、次の曲も作りたい」と、新曲への意欲を見せる場面も。
 
本場で活動してきた久保田氏のサウンドに、タカツキングのユニークなラップを交え、ミュージックビデオでは「ミッシー」に扮したマツコが登場。最強のコラボレーションだ…
 

 
全曲英詞で完成させれば、「PPAP」以上のヒットを記録するかも(?)あとは、ジャスティン・ビーバーにツイートしてもらえば完璧だ。是非とも、このコラボは実現させてほしい。
 
今後のタカツキング、そしてTOSHI&マツコに注目だ。
 

スポンサーリンク


 

あわせて読みたい