【慶應大惨事再び】小沢友喜の顔とSNSが早くも公開?被害女性と東急電鉄に請求される額がヤバそう…

 
 
こんにちわ
【危機タイムズ】です。
 
「また慶應?」という声が飛び交っている…
 

慶応大3年生の小沢友喜容疑者が逮捕

 


6日(日)、東急東横線日吉駅のホームで起きた突き落とし事件。犯人は、慶応大学法学部3年生の小沢友喜容疑者で、突き落とされたのは、小沢容疑者の交際相手とされる、同じ慶応大学3年生の女子学生だという。幸いにも女子学生は軽傷で済んだそうだが、一歩間違っていれば、「殺人事件」に発展していた恐ろしい事件だ…
 
事件が起きたのは、6日の21時前。被害女性によると、2人は酒を飲んだ後、その後飲みにいくか(二次会に行くか)で口論になったそうだが、交際中の2人が「飲みに行く、行かない」で些細な喧嘩をし、ブチ切れた末「ホームに落とす」なんて、どう考えても異常である。
 
小沢容疑者が異常なのはもちろんだが、被害女性が飲みに行くのを断った理由が、今年の夏に起きたとされる、アノ事件とアノ事件…の影響ではないか?とも囁かれている…
 

慶應の歌
 

女子大生が「飲み会恐怖症」に…?

 


今年9月初頭、同・慶応義塾大学の「広告学研究会」のメンバーが、合宿所で泥酔した女学生に、性行為を強要したとされるこの事件。自分の通う大学で起きた事件だけに、警戒するもの当然だ。もしかしたら、「男がたくさんいる飲み会には行かない方がいい」と、女生徒の間で話題になっていたのかもしれない…
 
それから
 


7月には、名門・東京大学でも、「誕生日研究会」のメンバーが、マンションの部屋で大学生の女性に強制わいせつと暴行をしたことで、逮捕・裁判沙汰にまで発展する大事件が起きている。男子学生によるレイプまがいの事件が連続で起きているだけに、「飲み会には行きたくない」と思うのも当然である…
 
彼女が、そういった理由で断ったかどうかは定かでないが、もしそうだとすれば、「俺のことが信じられないのか!」と逆上したか、もしくは、その予定だったのに断られてしまい、他のメンバーに合わせる顔がなくなってしまったから…ということも、考えられなくもない…
 
どういう理由にしても、「飲み会を断っただけで線路に落とす」なんて行為は異常だ。
 

Nゲージ 10-1256 東急電鉄5050系4000番台 基本セット (4両)
 

「法学部」で法律違反って…

 
今回の事件を受けて、ネット上ではこんなコメントが続々と投稿されている…
 
k
出典:http://www.cems.org/academic-members/our-members/keio-university

 

「また慶應かよ」
「法学部ならこの後どうなるかわかってると思うけど…」
「法学部で殺人は罪になることを知らないのか?」
「法学部で何を学んでんだ?」
「法律を遵守する気が無いのに法学部」
「慶応法学部は、裁く方ではなく、裁かれる方を育成しているみたいだ」

 
もちろん、「文学部」や「医学部」ならいいのか、というわけではないだろうが、法律を研究・教授の対象とする「法学部」の学生が、酒に酔っていたとはいえ、こんな行為をするのは言語道断!「慶應の法学部はマジで頭悪いのか?」と、学部全体の評価を下げる事態まで引き起こしている。
 
コメント主が言いたいのは「そういうことじゃなくて…」ということも重々承知の上、慶應・法学部の名誉のため、学生にかわって(?)弁解しておくが、慶應の法学部は、法律・政治共に偏差値70の超優秀な学部である。
 
【慶應義塾大学 偏差値一覧】
https://passnavi.evidus.com
 
人を線路に突き落としたら「犯罪」になることくらい、小学生でもわかる。彼も当然、それは理解している上でこういった犯罪を犯したわけだから、「勉強はできるが頭は悪い」典型的なパターンの学生なのだろう。小沢容疑者含め、様々な事件を起こし続ける慶應の学生たち。「勉強より常識を学んだら?」と批判されるのも、致し方ない…
 

慶應義塾大学(法学部) (2017年版大学入試シリーズ)
 

「殺人未遂」と「電車遅延」による損害賠償請求は…

 
まず、「電車遅延」による東急電鉄に支払う損害賠償請求額だが…
 
h
出典:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%82%A1%E3%82%A4%E3%83%AB:Tokyuhiyoshieki.jpg

 
時間帯、電車に乗っている人数、停車時間などによって、請求額は異なるようで、「損害がどのくらいだったか」で最終的な金額が決まるそう。
 
「非常停止ボタンを操作し、400メートル前で停車した」とは書かれているが、「何分間止まった」「何人に影響が出た」と、具体的な内容が報じられていないので、請求金額については何ともいえない。ただ、「不慮の事故」ではなく「故意的」にやったことなので、電鉄が賠償金を請求する可能性は高い。場合によっては、数百万~一千万程度まで請求されるケースも…
 
また、女生徒を線路に突き落とした「殺人未遂」については、「膝を打撲する軽傷」で済んでいるようなので、治療費諸々の請求はさほど高くはなさそうだが、慰謝料に関しては、被害者が良い弁護士を雇えば、こちらも数百万請求される可能性もある、とのこと。
 
「慶應大法学部」である小沢容疑者が、こういった事例による損害賠償額を「まったく知らなかった」というはずはないだろう。しかし、酒に酔って理性をなくしてしまっている時、人はそんなことをスッカリ忘れ、線路に突き落としたり、強姦という犯罪を犯してしまったりするのだ…
 
実は、薬物よりも恐ろしい…?
 

お酒のたしなみ方 〜楽しく飲んでも飲まれないステキな時間の過ごし方〜
 

小沢友喜容疑者とされるfacebookが公開

 
既に、小沢友喜容疑者に関する様々な情報が、ネット上にアップされているが、コチラのサイトによると、小沢友喜容疑者のフェイスブックとされるものがこちら
 

出典:小沢友喜フェイスブックより

 
自己紹介欄にある「慶應義塾大学法学部法律学科に在学中」と「小沢友喜」という名前から、間違いはなさそうである。ちなみに、誕生日は10月27日、血液型はO型、出身地は静岡県沼津市、出身高校は「静岡県立沼津東高等学校」とのこと。「沼津東高校」は、偏差値70の超エリート校だ。
 
こんな事件を起こさなければ、順調に就職先を決め、エリート弁護士にでもなっていたかもしれないのに、そうなる前に、逆に「弁護を依頼する側」になってしまった、小沢友喜容疑者。もはや、人を裁く側の職に就くのは絶望的か、はたまた、誰もが事件を忘れた頃に、しれっと人を「裁く側」の人間になっているのか
 
しかし、「慶應義塾大学法学部・小沢友喜容疑者、女生徒を線路に落とす」という事件が、一生ネット上に残ることを、忘れてはならない…
 

ポケット六法 平成29年版

あわせて読みたい