『キスマイBUSAIKU(ブサイク)』で発覚した宮田俊哉の性癖がヤバい!「ネットが荒れる」の結果は…

 
 
こんにちわ
【危機タイムズ】です。
 

スポンサーリンク


 
いよいよ今週は「ハロウィン最終ウィーク」
 

出典:https://www.pakutaso.com

 
ということで、各番組でも「ハロウィン」にまつわる特集を組んだりしているが…
 

『キスマイBUSAIKU』の“ハロウィンコスプレ”で事件が…

 


24日(月)に放送された『キスマイBUSAIKU』(フジテレビ)でも、「彼女と楽しむハロウィンコスプレ」というテーマに、メンバーたちがお相手役のマイコ(今野杏南)とそれぞれ「変装」をしてイベントに行くという、ハロウィン・ウィークにちなんだ内容で番組は進行。
 
2位から6位までが発表され、いよいよ結果は1位(首位)とドベ(最下位)のみになり、残ったメンバーは「藤ヶ谷太輔」と「宮田俊哉」の2人に。トップ常連の藤ヶ谷は、「このテーマはちょっと自信ない…」と控えめだったのに対し、同じく最下位常連の宮田は、“オタク気質”を活かせるテーマということで「コスプレといえば俺!」と自信満々に、メンバーたちと結果の発表を見つめたのだが…
 

アックスヘッドバンド コスチューム用小物 W25×H42cm 95886
 

オタクどころか宮田俊哉にロリコン疑惑が…!?

 
今回も、当然「最下位(7位)」で発表されてしまったブサイク宮田。しかし、これまでの最下位とはワケが違う、「超ヤバい断トツの最下位」になってしまったのだ…
 
と、いうのも
 


彼女役のマイコ(今野杏南)を「幼稚園児」に変装させ、自分は「年配のサラリーマン」に扮し、“親子”という意味不明な設定な上、ハロウィンらしからぬコスプレをチョイスしてしまったからだ…
 
しかも、そのシチュエーションがまた超ヤバい!
 
「いいんだよ、お父さんに甘えて…」と無理矢理甘えさせたり、イベント会場を出る際には「おんぶ」するという、超気持ち悪い宮田の妄想に、スタジオは爆笑どころかドン引き!ゲストの藤田ニコルは当然、いつも一緒にいるメンバーですら、「ヤバいよ…」と囁くしかない状況にを作ってしまったのだ…
 
これが「撮影」と分かっているから、ハロウィン会場のエキストラたちも、何食わぬ顔で彼らを受け流していたが、あの恰好でおんぶした2人が実際にいたとしたら、リアル・ゾンビメイクや今話題の恐怖ピエロなんかより、よほど恐ろしい…
 
宮田氏
どうやら、完全に「ヤってしまった」ようだ…
 

【ノーブランド品】 レディースコスプレ マリオ ルイージ (F, マリオ)
 

「ネット荒れるよ」の結果は…?

 

スポンサーリンク


 
「お巡りさん、この人で~す!」で締めくくった恐怖の「宮田劇場」。これを見たメンバーの北山宏光が、「ネットが荒れる!」とツッコミを入れていたが、実際、この映像を観た視聴者たちは、どんなコメントを残しているのだろうか?
 
ツイッターを調査してみたところ
 

「いろんな意味でやばい!」
「予想の上を行く犯罪臭!」
「宮田激きもwww」
「きもいしか言えなかった…」
「彼にあんなのされたらソッコー逃げるわ笑」
出典:ツイッターより

 
など、予想通りのつぶやきが続々と投稿されていた…
 
しかし、「荒れた」という雰囲気はまったくなく
 
「キモイけどうける!」
「ヤバすぎてめっちゃ笑ったw」
「宮田、キモーーーwww」
 
など、ヤバさが面白さに繋がったという感じだ。これが、首位の藤ヶ谷だったら「ドン引く」人も多かったかもしれないが、笑いに変えることができたのも、宮田俊哉が確立した「キャラクター」のおかげだろう。
 
本人も、「(キモいだろうが)悔いはない!」と堂々と、誇らしげに、自分のプレゼンを高く評価した。ということは、このシチュエーション、彼女に着て欲しいコスプレは、「ネタ」ではなく「ガチ」ということだろうか…!?
 
ところで
 

写ネイルプロ ネイルシール ハロウィンパーティー カラー アート材
 

これってメンバーが本当に考えているのか?

 
今回の「宮田劇場」は別として、時に「ちょっとデキ過ぎてる?」と思うようなプレゼンもあったり、「これって1位になるほどほどいいか?」と思う、微妙なシチュエーションが絶賛されていたり、所々で疑問を感じることがある、「キスマイBUSAIKUランキング」。
 


また、事前に「一般女性100人」にプレゼンを見せ、審査・ランク付けし、彼女たちのコメントが映像と共にいいタイミングでアップされるのが、この番組を面白くさせているポイントでもあるのだが、そのコメントの中には、クオリティの高い特殊なツッコミもあり、一般女性が書いたとは思えないものも度々見受けられる…
 
撮影だけでもなかなか大変そうなのに、ストーリーや細かい設定など、すべてを自分たちで考えているとなると、超多忙な彼らには結構ハードな仕事である。また、最近はバラつきが見られるようになったが、開始当初は「前のメンバー3人だけ毎回上位にいるのがおかしい」という指摘を受けたりもしていた。
 
実際のところ、どうなのか…?
 
ネット上には様々な憶測が上がっているが、この番組がいわゆる「ヤラセ」なのかどうかは、当事者たちしか分からないので、それを証明することは難しい。また、事前に映像を観たりコメントを残している女性たちが、「一般の方」なのであれば、その中の誰かが「ヤラセ」だと漏らす可能性は高い。ということは、おそらく「白」なのではないかと思われる…
 
イコール、宮田氏の「ロリコン疑惑」は“疑惑”ではないということだろう…(?)
 


ちなみに、今回マイコ役を務めたグラビアアイドルの今野杏南は、女優としても活躍中!彼女の可愛さに虜になってしまった方は、彼女の公式ツイッターブログなどで、今後出演する番組をチェックしておこう!
 

スポンサーリンク


 

今野杏南 2017年 カレンダー 壁掛け B3 CL-222
 

パーティーメイクアップパレット
 

フェイスペイント ペン 絵の具 フェイス メイク クレヨン 顔ペン 演出 舞台メイク コスプレ 仮装 ハロウィン イベンド 祭り スポーツ 応援 ボディーペイント 16色 セット

あわせて読みたい