『有吉反省会』に登場した西山虹華(ももえり)“汚すぎる食べ方”より“汚ぇブス”でブレイクか?

 
 
こんにちわ
【危機タイムズ】です。
 
なかなかの逸材が登場した…
 

スポンサーリンク


 

『有吉反省会』に登場した「西山虹華」がヤバそう…

 


22日(日)に放送された、『有吉反省会』(日本テレビ)に初登場した、ネットアイドル(?)の、ももえりこと「西山虹華」。
 
番組後半に、事務所の人間が「反省したい」と番組に売り込んだ、売れないアイドルたちをまとめて紹介するコーナーで2番目に紹介され、エピソードを話す前から、ほかの3人とは明らかに違う、異様なオーラと、有吉も「汚ぇブス」とツッコミを入れざるを得ない、驚異的なビジュアルで、視聴者に衝撃を与えた…
 
この番組に出てくるくらいだから、「売名」であることは間違いないのだが、意外にも、ネット民の間での知名度は高く、非公開になっているが、インスタグラムのフォロワーは8千人越え、ツイッターのフォロワーは4万3千人を超える人気っぷり。ユーチューバーなどもそうだが、テレビに全く出ていなくても、高い知名度を誇るタレント(アイドル)は多いという時代の象徴だ…
 

アキバ系ネットアイドルプロジェクト (バンブー・コミックス)
 

「プロ」と「アンチ」が明確に分かれ過ぎ…

 
昨晩の放送を受け、彼女のファンから「出演おめでとう!」「めちゃくちゃかわいかった!」「存在感は示せたと思うよ!」など、お祝いと称賛の声が上がる一方…
 
「ブス過ぎる!」「こんなんでアイドルになれるネットの世界って…」「こんなの出すな!」など、様々なバッシングも飛び交っている…。いわゆる「アンチ」が多いのも、ネットアイドルの運命…
 
ちなみに、この「ももえり」というニックネームは、モデルで実業家の桃華絵里のニックネームをパクったものだそうで、過去にこの“パクリ騒動”を巡ってトラブルになったこともあるという。また、昨晩の放送を受けて、「本家・ももえり」の桃華絵里が、ブログでこんなコメントを残している。
 

弊社にも 沢山の お問い合わせを頂いたのですが
a
出演しません
ザ・テレビジョンさんのウェブ上には「桃華絵里」の名前があった様ですが、なんらかの間違いだったようです
弊社からも テレビジョンさんにお問い合わせをさせていただきました
お騒がせして申し訳ありません
出典:http://ameblo.jp/momokaeri/entry-12211350204.html

 
おそらく、ザ・テレビジョンのスタッフが「ももえり」=「桃華絵里」と勘違いしてしまったのだろう。西山虹華のツイッターでは、未だ「ももえり」というニックネームを記載したままなので、間違える人も多いのかもしれない…
 


 
本名ともまったくリンクしていないのに、どうしてまた、こんな綺麗な人のニックネームを拝借してしまったのか…。あえての「戦略」なのか、桃華絵里のファン(憧れ)だったのか、はたまた、以前彼女と何かトラブルがあって、その腹いせにつけたのか…
 

ももえり
 

「汚い食べ方」を売りにするも地上波では「ヤメロ!」

 

スポンサーリンク


 


「食べ方が汚すぎる」という理由で「反省」しに来た西山虹華。確かに、番組で放送された映像を観ても、かなり汚く、正常な感覚をもった人間なら、長時間は見ていられないレベルだ…
 

 
しかし、動画の視聴回数はどれも凄まじく、「汚い食べ方なのに、何故か見に来てしまう」「中毒性あります!」「面白いしかわいい」など、絶賛のコメントが上がっているのだ…
 
「汚い」は別として、「女子の食べてる動画」というのは、かなり数字が取れるらしく、女の子がひたすら「ただ食べてる」だけの動画が、数万、数十万視聴回数を記録しているのだ!世も末か…(?)そういった「マニア」が確実にいるということが、数字に反映している…
 

 
また、「ブス」「デブ」「汚い」などのマイナス要素も、ネット上ではプラスに働くことがあり、「それが逆に面白い!」「むしろ自分にとっては魅力的」と感じているファンも多いようだ。彼女の場合、それらを上手く売り込み、ファン獲得に繋げたのだろう。
 
しかし、それは「ネット」だから通用するハナシであって、地上波であの動画を流した場合、「汚いからテレビで流さないでほしい」というクレームが続出するのは当然である…
 
「汚い食べ方」だけでテレビに出続けるのは、おそらく難しい。クレームの嵐で、すぐに出演取りやめになるだろう…。しかし、彼女にはまだテレビでブレイクできる要素がある!
 

もえのあずき1st.写真集 How sweet!
 

「汚ねぇブス」で売り込んでみる価値アリ!?

 
「ネットだとブスだけど、生とテレビは可愛かった」と評価する方もいるようだが、残念ながら、昨晩の放送では完全に「ブス」のイメージが定着してしまった、西山虹華。世間が叩くほど、顔のパーツは決して悪くないと思うが、バランスなのか、太り過ぎが原因か…
 
ちなみに彼女、1989年の2月生まれ、現在「27歳」という設定(?)のようだが、「アンチ」たちからは、「肌が20代じゃねぇ」「完全にサバ読み」「ネタが古い」など、“間違いなく27ではないだろう”というツッコミを食らっている…
 
m
出典:https://twitter.com/usamomoeri

 
ツイッターのアイコンも、なかなか強烈な修正が入っているようで…(プリクラ?)とても、昨晩『有吉反省会』に登場した西山虹華と同一人物とは思えない…
 
こういったツッコミどころ満載の要素も、バラエティで芸人たちが「笑い」にするには都合よく、「地上波」で本気でブレイクしたいのであれば、「ブスとか言われたくない」とか言わず、その「ブスキャラ」を全面推しすれば、大ブレイクも期待できるかもしれない!
 
司会の有吉から「汚ねぇブスが黙ってろ」と一喝されたり、IVANから「あんた自分を本当に可愛いと思ってるの?ヤバイよ!」というツッコミを食らって、大きな笑いをとったももえり。今後は「勘違いのブス」もしくは「完全にブスキャラ」として、テレビで使われる回数も増えていくかもしれない!
 
ただ、有吉も呆れた様子だった、彼女の「トーク」がイマイチなのが悩みどころではある。地上波デビューには、もう少し「喋り」の勉強が必要だ…
 
mm
出典:http://kagawapro.com/?p=721

 
がんばれ、ももえり!(というニックネームは変えた方が良さそう…)
 

スポンサーリンク


 

ブスは死ね! 〜誰でも絶対キレイになれる!!ブスが勝ち組になるための「そこそこ美人」トレーニング〜

あわせて読みたい