【バブル復活】平野ノラ、ワイモバイルCM、80年代アイドル復活、洋楽、泡パーティー…経済も?

 
 
こんにちわ
【危機タイムズ】です。
 

今、80年代バブルがキている…?

 


「しもしも~?」でお馴染み、バブル芸人の平野ノラが、24日(月)に放送された『SMAP×SMAP』(フジテレビ)に登場。スマップのメンバーに、好きな50音の中からお題を出してもらい、「クロマティ」や「北別府」「吉川晃司」など、バブル期に人気を博した人物などを使ってネタを披露!
 


続いて25日(火)には『キテレツ人生!何でこうなった!?』(フジテレビ)にも出演。もはや、見ない日はないという大ブレイクっぷり!スマスマでは、バブルメイクではない、ナチュラルメイクのノラ嬢も公開され、視聴者から「可愛い!」「意外」「こっちの方がいい!」など、絶賛の声が続々と寄せられた。
 

 
そんな平野ノラのブレイクをはじめ
今、世間では「バブル期」が再燃しているらしい…?
 

ジュリアナ 扇子 羽扇子 ゴージャス ダンス パーティー 仮装 ハロウィン 踊り ブルー ピンク 2個セット
 

バブル期の80年代アイドルたちが大活躍中!

 


6日(水)に放送された『モシモノふたり』(フジテレビ)に出演し、超バブリーな生活と私服を披露した、武田久美子。バブル期に大ブレイクしたアイドルの一人だ。同番組に出演していた、国生さゆりはじめ、おニャン子クラブのメンバー、渡辺美奈代やSMAP解散で飛び火を食らっている工藤静香も、同時期に活躍したスーパーアイドル。
 

学校へ🏫

渡辺美奈代さん(@watanabe_minayo)が投稿した写真 –


 
それぞれ、いろんなカタチで「セレブ生活」を満喫している…
 


また、昨年末に放送された『FNS歌謡祭』(フジテレビ)で、ナゾの復帰を果たした、中山美穂の活躍もバブルど真ん中。
 

中山美穂 パーフェクト・ベスト
 

 
司会業では数字が取れなかったが、ここ最近CMやテレビ番組の露出が目立つ森高千里も、バブル期にデビューし、バブル崩壊後に「ボディコン」でブレイクしたシンガーだ。
 
そして、大河ドラマや「au」のCMで第二次ブーム到来中の、斉藤由貴もバブル世代のアイドル。
 

 
バブル期を起用したCMは、auだけではない…
 

au 三太郎クリアファイル◆6枚セット◆非売品
 

「なめ猫」「ボディコン」が登場する「ワイモバイル」のCM

 

 
記憶に新しい、桐谷美玲が「バブル期」にタイムスリップするというY!mobileのCM。ここで「ボディコン姿」を披露した田中美奈子も、もちろんバブル期にブレイクしたアイドル。「当時とまったくスタイルが変わらない!」と、大きな話題にもなった。
 
その続編として、80年代のキャラクターを引っ張り出し、猫ブームに則って起用した…
 

 
「なめ猫」だ。
 
なめ猫が大ブレイクしたのは、80年代初頭。バブル期ではないが、80年代というくくりでは、大まかには同じことになる。
 

なめ猫 2017年 カレンダー 壁掛け
 

なめんなよ 免許証 023 なめねこ
 
このCM効果や猫ブームの影響を受け、amazonなどの通販サイトでも、「なめ猫グッズ」が大売れ!巡り巡って、再び経済を活性化させている…
 

お立ち台もある!「泡パーティー」が大盛況

 
「クラブ」と聞くと「若者が行く場所」
というイメージを持っている方は、大分遅れている…
 


今年、大盛況となっている「泡パーティー」には、当然20代の若者もいるが、まったく違和感なく、アラフォーやアラフィフ、中には「アラカン」までいる、幅広い層の「遊び人」たちが集結しているのだ!
 


いや、水着で泡かぶるイベントなんて、オジサン・オバサンは無理でしょ…と、侮るなかれ!「バブル期が青春期だった」という彼らのパワーは、若者同等…いや、それ以上!また、「美魔女」と呼ばれる女性陣のスタイルは、若者とタメを張れるレベルだ。水着だろうと、ボディコンだろうと、着こなして泡と戯れ、ナンパまでされている!
 


都内では、明日29日に開催されるイベントもあるようなので、気になった方は「のぞき見」でもしに行ってみては如何だろうか…!?
 

DISCO GIRL(ディスコガール)レース超ミニ ボディコン・ブラック
 

洋楽ア―ティストも「バブル時代」の音をリメイク

 
10月6日にリリースされた、アメリカのトップ・スター、ブルーノ・マーズ(Bruno Mars)の新曲
 

 
24k Magic」が、音もビデオも、相当バブリーな仕上がりに!
 

 
バブル期に一大ブームを巻き起こした“トークボックス”を今風にアレンジし、ブルーノ初のラップを絡めたヒップホップ感覚に!おそらく、1987年にリリースした、ザップ(ZAPP)の「I Play the Talk Box」あたりを参考にしているのではないかと思われる。
 

 

All the Greatest Hits
 
その他にも、レディー・ガガの新曲「Perfect Illusion」や、ザ・ウィークエンドの新曲「Starboy」にも、所々に「バブル」をニオわせる80年代テイストが起用されている!
 

ジョアン
 

死去したピート・バーンズや来日したバナナラマも「バブルの申し子」

 


10月23日に急性心不全のため死去し、音楽界に激震が走った「ピート・バーンズ」の訃報…
 

 

That’s The Way I Like It: The Best Of Dead Or Alive
 
音を聞けばすぐ分かるだろうが、彼らが大ブレイクした時期も、日本の「バブル期」と同時期。また、27年ぶりの来日公演を果たし、24日(月)に放送された『SMAP×SMAP』にも出演したバナナラマも、同じ80年代中期に「Venus」などを大ヒットさせた。
 

 
そして、「50歳で妊娠」が話題になっている…
 


ジャネット・ジャクソンも、3rdアルバム『Control』と4th『Rhythm Nation 1814』が大ヒットしたのは、80年代後半、つまりバブル期まっただ中だ。今、あの時代に活躍アーティストたちが、揃って復活劇を果たしている!
 

一番復活して欲しい「あなたのバブル期」は…?

 
それぞれ思惑があるだろうが、日本国民、誰もが期待したいのは、「経済」のバブル期復活だろう。しかし、「アベノミクス」を実感している人は極僅か、「潤っている」と思って生活している人は、ほぼ皆無…。残念ながら「経済のバブル期復活」は実現しそうにもない…
 

 
しかし、あんな社会が復活したら、今度こそ日本は滅びるだろう。ああいった経験を活かして今がある…と思えば、バブル期のあのバカ騒ぎも、無駄じゃなかったということになる。
 
b
出典:https://www.google.co.jp

 
「バブル期」の再燃は、エンターテイメントだけで十分…なのかもしれない。
 

本当は怖いバブル時代

あわせて読みたい