【悲報】月9『カインとアベル』の初回視聴率【8.8%】より桐谷健太の滑舌が“爆笑レベル”…

 
 
こんにちわ
【危機タイムズ】です。
 

スポンサーリンク


 
フジテレビの「月9」がまた、記録を更新したらしい…
 

『カインとアベル』の初回平均視聴率は過去最低【8.8】

 


90年代まではドラマ界のトップ・ブランドだった「月9」も、2010年以降は一気に低迷し、昨年~今期にかけての視聴率は、ほぼ横ばいで「連続1桁」…もはや【8.8%】でスタートしたところで、さほど驚くこともないだろう。現に、今年だけでも一桁で終了したドラマの中には、「数字は微妙だったが内容は良かった」と評価されているものもある。
 


ただ、問題は「内容もつまらない」のに、数字も低いということだ。『カインとアベル』初回放送を見た視聴者からは、こんな声が寄せられている…
 

『これから更に下がると思う』
『なんだか安っぽい感じだった』
『つまらないし今後の展開を期待させる要因もない』
『ストーリーは悪くないと思うけどキャストが悪過ぎる』
『来週以降は観ないと思う』
出典:http://headlines.yahoo.co.jp

 
むしろ8%を超えたのが奇跡、というコメントも多く、ドラマの内容、キャスト、構成すべてに魅力を感じないという意見がほとんどだった。
 


おそらく、記事にある「初尽くし」「スーツ姿が新鮮」といった声は、主演の山田涼介のファンが寄せたものだろう。ファンではない、一般視聴者たちからは、そんなコメントは寄せられていない…
 

カインとアベル DVD-BOX1<シンプルBOXシリーズ>
 

キャストが微妙過ぎる…!?

 
コメントの中には、「ストーリー自体は悪くないと思うが、配役が悪過ぎる」という意見もあり、ほかの役者で作られていたら、もう少し違った見方ができたかもしれない、という声も…
 
また、ファンの間では「演技が上手い!」と盛り上がりをみせているものの、ジャニーズ(山田涼介)に関心のない視聴者からは、「高校生みたいでアンバランス」「山田くんの演技が下手過ぎて…」「昼ドラっぽい芝居に鳥肌!」など、失笑したようなコメントが寄せられている。
 
「視聴率取れるほど人気あるの?」という意見に関しては、初回の【8.8%】という数字が物語っている…
 


他の俳優陣に関しても、それぞれの演技はすばらしいが、このドラマの配役はどうかと…という意見も多く、「良い役者たちが活かされていない」という指摘もあった。
 
その中でも、この人のこの役には、違う意味で「失笑」が…
 

anan (アンアン) 2016/10/19[「今どき色気」の鍛え方。]
 

滑舌が悪すぎて、桐谷健太の「優秀な兄役」がキツイ…

 

スポンサーリンク


 


ちょっと不器用な弟の優(山田涼介)とは対照的な、「完璧」な兄・隆一を演じることになった、桐谷健太。また、優が働く会社の副社長も務める「エリート」なのだが
 
その、エリート副社長が、「滑舌が悪すぎ」て、副社長の威厳、優秀な兄を演じきれていないという指摘が、続々と投稿されている…
 

「気になってドラマに集中できない…」
「桐谷健太の滑舌ばっかり気にしちゃう」
「もうおもしろい感じにしか見えない」
「桐谷は笑わせようとしているのか…?」
出典:ツイッターより

 
その他にも、この「滑舌」のせいで、何を言っているのか「予測」しないと内容が伝わってこない台詞が多く、視聴者からも「何いってるのかわからないw」「滑舌悪すぎて笑う」「滑舌悪い←かきくけこが」など、ドラマ視聴中にツッコミが続々と寄せられている…
 
この流れで第二話を見るとすると、もはや「桐谷健太の滑舌」しか入ってこないような気がする。それくらい、このドラマでみせる彼の「滑舌の悪さ」は際立っているのだ。と、いうのも…
 

Give Me Love(初回限定盤)(DVD付)
 

シリアスな役だから余計「滑舌の悪さ」が気になる

 
これまで出演していたドラマでも、桐谷健太の滑舌の悪さは度々指摘されていた。しかし、「笑える」レベルにまで達してなかったのは、その役柄のおかげもあるだろう。大きな声で騒いでいるような役だと、この滑舌の悪さはさほど気にならないのだ。
 

出典:https://www.youtube.com/watch?v=e0wHr4gnk9M

 

海の声
 
話題のauのCM、「浦ちゃん」も、このコミカルなキャラ設定によって、「滑舌の悪さ」が逆に活かされている。
 


しかし、今回の役は「ダメな弟と対照的な完璧で冷静沈着な兄」の役。しかも、高そうなスーツをビシっとキメ、「副社長」としての威厳もみせなければならず、話し方も怒鳴り口調ではなく、落ち着いたトーンで静かに囁くように喋らなければならない…
 
そこにきて、あの「滑舌の悪さ」では、笑いのネタになってしまうのも致し方ない…
 
すでに番宣の時点でつまずく桐谷氏。「見ていただけたらうれすぃでふ…」おそらく、「さ行」が苦手なのではないかと思われる…
 

香音-KANON-(初回限定盤)(DVD付)
 

「歌でも悪い」桐谷健太の滑舌は治るのか…?

 
CM効果により大ヒットしたのも記憶に新しい、桐谷健太の「海の声
 

 

 
しかし、この「歌声」ですら滑舌悪いのが分かると指摘され、しまいには、それをネタにこんな動画までアップされてしまっている…
 

 
もはや「ネタ」となりつつある、桐谷健太の「滑舌の悪さ」。ドラマ『カインとアベル』の出演によって、今まであまり気にならなかった視聴者も「あれ、なんか…」と気付きはじめ、今後さらに「桐谷健太の滑舌の悪さ」笑いと共に拡散していくのだろう…
 
このドラマが終わっても、今後、俳優として活動していくにあたり、フザけた役ばかりやってもいられない。今回のようなクールな男性や、シブいオジサマの役もこなしていかなければ、役者として生き残ってはいけないだろう。それには、この「滑舌の悪さ」をどうにかしなければ、出演するたびにシリアスなドラマでも「笑い」が巻き起こってしまう…
 

 
このように、「滑舌をよくする練習法」や
 

舌のトレーニング
 
「舌」の動きを良くしてトレーニングするための本
 

ヴォイス メイク(VOICE MAKE) 青
 
口に挟んでトレーニングするアイテムも発売されている…
 
初回の悲惨な視聴率が、さらに下がる惨事とならないためにも、桐谷氏には、真剣に「滑舌トレーニング」に励んでいただきたいものだ。もしくは、この「滑舌の悪さ」をネタにして、リアルタイムで愉しみたいツイッター世代を取り込み、ドラマの見どころにしてしまうというのも、「視聴率獲得」に繋げるひとつの作戦…
 
第二話放送は、来週10月24日(月)21:00~
 

スポンサーリンク


 

あわせて読みたい