『砂の塔』の番宣に松嶋菜々子が出ない理由…ドラマ外でも“女のマウンティング”か?

 
 
こんにちわ
【危機タイムズ】です。
 

スポンサーリンク


 

 


若い層も取り込もうという戦略か、EXILEファミリーいちの人気を誇る、岩ちゃんこと岩田剛典も出演する、金曜22時ドラマ『砂の塔~知りすぎた隣人』(TBS)。「岩ちゃんカッコイイ!」というつぶやきが投稿されるのはもちろんだが、それよりも女優たちが繰り広げる、ドロドロした女の闘いが「怖すぎる」と話題になっているようだ。
 
『見てるだけで胃が痛くなりそう』
『面白いドラマだけど、子を持つ親としては怖いドラマ』
『ドロドロしたマンションの女集団が怖かった』
『他人事だから面白いんだけど…』
『女社会のあるあるで背筋が凍る』
『女優たちのふとした無表情が怖すぎる!』
出典:http://headlines.yahoo.co.jp

 
“良い意味”で「怖すぎる」と評価されている『砂の塔』。幼児が次々に誘拐される“ハーメルン事件”の犯人は誰なのか?という、サスペンス的要素と、タワーマンションで繰り広げる「女のマウンティング」がこのドラマの見どころだが
 
その、女同士の闘いが、撮影裏でも行われている!?
 

砂の塔 知りすぎた隣人(上) (幻冬舎文庫)
 

松嶋菜々子が番宣に協力的ではない…!?

 
初回放送の14日(金)まで、様々な形でドラマの番宣を行ってきた出演者たち
 


当日(14日)放送された『ぴったんこカンカン』には、マウンティングを繰り広げる、マンションの住人が揃って出演したり
 


前週、10月8日(土)に放送された『オールスター感謝祭』では、出演者総出で番組を盛り上げようと、番宣に力を入れたが
 
そこに、松嶋菜々子はいない…
 


唯一、初回放送前日の13日(木)に、主演の菅野美穂、岩田剛典と3人でTBSの情報番組に続けて出演したが、それ以外で松嶋菜々子がドラマの宣伝で登場することはなく…
 


ドラマの公式ツイッターにも、今のところ一切登場していない…
 


前クールに放送された『営業部長 吉良奈津子』では、かなり積極的にプロモーション活動を行い、ツイッターにも頻出していたが、それは“主演”だから当然のこと。しかし、『砂の塔』の主演は菅野美穂であって、「W主演」という名目でもない…
 

出典:http://www.cinemacafe.net

イエモンが19年ぶりのドラマ主題歌! 菅野美穂主演「砂の塔」
cinemacafe.net
 
「この私が、主演じゃないですって?じゃあ、番宣はあんた達にまかせたわ…」
 
なんてことでなければ良いが…(?)
 

【早期購入特典あり】砂の塔【初回限定盤】(オリジナルクリアチケットホルダー付)
 

松嶋菜々子が2期連続出演する理由

 

スポンサーリンク


 


週刊女性によると、前クールの『営業部長 吉良奈津子』と今クールの『砂の塔』に連続で出演したのには、8歳と12歳の子供も大分落ち着いてきたため、芸能デビュー25周年を迎えた松嶋菜々子を、事務所総出で盛り上げていこうという意向があるのでは、とのこと。つまり、大女優としての存在感を、もう一度世間に知らしめるためだ。
 
実際、視聴率は別として、『営業部長 吉良奈津子』でのキャリアウーマンっぷりや、優しいママの演技は大好評で、『砂の塔』第一話終了後も、「実力派ばかりの中で異彩を放つ」「松嶋菜々子がいるからこのドラマは“タワマン”としての高級感が出る」「改めて松嶋菜々子ってすごい女優だと思った」という意見が上がっている。
 
ドラマの内容と演じるキャラクターの落差がありながらも、瞬時にシフトチェンジできる演技力は、確かに凄い。
 


ちなみに、松嶋菜々子は準主役でもギャラが1本「200万」と報じられているが、ドラマの連続出演は、金銭的な事情では無いと思われる。
 


夫の反町隆史も、同クールで放送中のドラマ『相棒シーズン15』(テレビ朝日)に出演中。初回放送(10月12日)は、視聴率【15,5%】と絶好調。家庭の事情がどうかは分からないが、この稼ぎ頭が2人も揃った家庭で、「金銭的に苦しい」ということは考えにくい。
 
ちなみに、主演を務める菅野美穂も、夫・堺雅人が大河ドラマ『真田丸』(NHK)の主演を務め、16日に放送された第41話では、視聴率【15,4%】をマークする大ヒットを記録している。
 


主役・主役を務める堺・菅野夫婦と、準主役/準主役の松嶋・反町夫婦。ここでも、女同士のマウンティングが…(?)
 

真田丸 完全版 第弐集 [Blu-ray]
 

相棒season14 ブルーレイBOX(6枚組) [Blu-ray]
 

若層と主婦層を取り込んだ『砂の塔』初回視聴率は…

 


話題とは対照的に(?)初回放送は【9,8%】と10%を切る結果に。しかし、昨今の視聴率事情を考慮すれば、ドラマの10%以下はざら、ツイート数やニュースに寄せられたコメントの数をみれば、一概に「悪い数字」とは言えない。
 

 
昼顔』や『せいせいするほど愛してる』など、「昼ドラ」感をゴールデン枠に取り入れヒットしたドラマは、どれも初回放送は微妙な数字だったが、ツイッターなどの盛り上がりで、後半に進むにつれ、視聴率を徐々に上げていった。『砂の塔』も、話題が拡散することで、これから勢いを伸ばすドラマになるかもしれない。
 


しかし、何より驚かされたのは、岩田剛典の凄まじい人気だ。ツイッターのフォロワーが、「120万越え」日本のフォロワー数ランキングでは、あの「楽天市場」を超えて現在総合ランキング58位、凄すぎる…
 
彼が積極的につぶやいてくれれば、120万のフォロワーにドラマの番宣ができるということだ。これほど効力のありそうなプロモーションはない…
 

スポンサーリンク


 

【早期購入特典あり】Welcome to TOKYO(CD+DVD)(オリジナルポストカード付)

あわせて読みたい