ジャニヲタだった塚越裕美子【高田馬場駅 催涙スプレー事件 犯人】の全貌が超ヤバイ…

 
 
こんにちわ
【危機タイムズ】です。
 

スポンサーリンク


 
高田馬場駅で起きた「異臭事件」の犯人の全貌がヤバすぎる…
 

自称アイドルの36歳、塚越裕美子が逮捕

 


出典:netgeekツイッターより

「自称・アイドル」と言い張るこの女、彼女が、高田馬場駅で起きた「異臭事件」の犯人、塚越裕美子だ。
 
ツイッターのプロフィールには、「如月優です。アイドル女優です。塚越裕美子が本名です」と“アイドル女優”であることをアピールしていた、塚越裕美子。しかし、今回の逮捕を受けて、「ピンク色の服を着た日傘を差した不審な女」と見出しをつけられた上、東京都練馬区在住、「職業不詳」と、アイドルを完全否定されるような報道をされている…
 
「アイドル」「女優」は、どれだけの功績を残せば名乗ってもいいのだろうか…
 
何はともあれ、東京の主要駅で起こった大事件だっただけに、早々に犯人が捕まり一安心だが、この女、放置していたら、さらにヤバイ事件を起こしていた可能性もあったのだ…
 

エフケー 防犯用マスタード&カラースプレー 護身・護金
 

塚越裕美子のツイッターがヤバすぎる!

 
如月優 塚越裕美子(@kisaragiyuchan)というアカウントで、ツイッターを更新していた塚越裕美子。2016年10月2日現在、まだアカウントは凍結はしていないようなので、彼女が投稿してきたヤバすぎるつぶやきを、いくつかご紹介しよう…
 


出典:kisaragiyuchanツイッターより

「私はプリンセスなの」と、何の前触れもなく、突然言い出すこの女。この時点で相当ヤバいのだが…
 


出典:kisaragiyuchanツイッターより

「ストーカーのブスを相手に裁判している」と、意味不明な発言をしたり
 


出典:kisaragiyuchanツイッターより

イスラム国に「喧嘩上等」という姿勢をみせたり…
 


出典:kisaragiyuchanツイッターより

シリアで起きた悲惨な事件をネタに、かなり意味不明な発言・暴言を繰り返したりもしている。「まじきちがいテロ犯人」と正義を振りかざすような発言をしていたが、本人が「犯人」となり、逮捕されてしまうことに…
 


出典:kisaragiyuchanツイッターより

人物ではなく、神奈川県・横須賀市にまで当たり散らすこの女。内容は意味不明だが、つぶやきの8割程度は「むかつく」「死ね」「うぜえ」などの暴言が占めている。おそらく、36歳になってもまったく日の目を見ず、何を言っても誰にも相手にされず、毎日「明日は私、どうなるんだろう…」という不安にかられながら暮らしていたのだろう。そのはけ口が、このツイッターであったことが読み取れる…
 


出典:kisaragiyuchanツイッターより

だからといって、誰彼構わず中傷したり、いき過ぎた妄想だけで事実無根の投稿をしていいはずもなく、最終的には、実際に人に危害を加える事件を起こすなんて、本当にとんでもない女だ…
 

FRIDAY(フライデー) 2016年 10/14 号 [雑誌]
 

小池都知事、AKBグループなどにも「ブス」を連呼

 
とにかく、女性に対する暴言が多く、アイドル、モデル、女優など、数々の著名人の名前をあげては、「ブス」「死ね」「消えろ」などの暴言を繰り返していた。
 


出典:kisaragiyuchanツイッターより

中でも、AKBグループのメンバーに対する中傷はすさまじく、「何かされたの?」と問いたくなるほど、悪意に満ちたつぶやきが投稿されている。また、その際には「#AKBブス達はサブマシンガンで取り締まり」という、オリジナルのハッシュタグも付けたりしている…
 


出典:kisaragiyuchanツイッターより

8月に、タレントの小倉優子が夫の菊池勲に浮気をされたことが報道された際には、「私の菊池さんだもん」と、なぜか自分が当事者になった気で小倉優子を叩く、意味不明な展開を繰り広げた。残念ながら、浮気相手の女性は、現在25歳の美人モデル。「私の菊池さん」を、彼女から奪い取ることは限りなく難しそうだ…
 


出典:kisaragiyuchanツイッターより

また、7月に大きな盛り上がりをみせた、東京都知事選では、「ブス」を強調して「小池以外に投票を!」と、アンチ百合子をアピール。なぜそこまで嫌うのか、政治家としてどういった方針が気に入らなかったのか、具体的な理由は一切明記されておらず、「ブスだから」という理由だけで「投票するな」と発信していた、安易で幼稚なこの女。
 


出典:kisaragiyuchanツイッターより

とにかく美人に対しては厳しく、内田有紀が出演するDHCのCMには、これまた「ブス」だけを強調して大バッシング。しまいには、「私がDHCさんに言って作ってもらったプロデュースのプロテインダイエット…」と、意味不明な妄想を繰り広げているが、塚越裕美子(如月優)とDHCがコラボしたという情報は、当然ながら一切見当たらない…
 

DHC プロティンダイエット 15袋入 × 2箱セット
 


出典:kisaragiyuchanツイッターより

ちなみに、こういったアイドルへの中傷した投稿には、「おばさんの方が痛い」「お前がヤバイ」などのコメント返しを食らっている。それでもまったく懲りず、毎日誹謗・中傷を繰り返す図太い神経だけは、「芸能界向き」と言えるかもしれない…
 


出典:kisaragiyuchanツイッターより

誰もがツッコミたい
「お前が言うな…」
 

DHC Q10モイスチュアケア リキッドファンデーションEX ナチュラルオークル02
 

「亀梨君が会いに来た!」妄想系ジャニヲタの全貌

 

スポンサーリンク


 
女性陣に対する中傷とは対照的に、イケメンの名前を勝手に出しては、とんでもない妄想をつぶやきはじめる塚越裕美子。
 


出典:kisaragiyuchanツイッターより

「亀梨君が、会いに来てくれた」
そんなバカな…
 
お気に入りはジャニーズ陣らしく、亀梨和也の他にも、関ジャニ∞のメンバーや、滝沢秀明(タッキー)、V6、SMAPなど、新旧問わず人気ジャニタレの名前を挙げている。
 


出典:kisaragiyuchanツイッターより

問題は、「昨日会った」「結婚する」などの行き過ぎた妄想。誰がどう見ても、1%の真実味もないこの投稿を、堂々とアップしてしまう彼女のヤバさを、フォロワーたちはどう感じていたのだろうか?ジャニーズの熱狂的なファンのツイッターをチェックしても、ここまで異常なつぶやきをしている女はいない…
 
また、ジャニーズ以外のイケメンも何人か登場(?)していて、その中でも名前がよく出ていたのが、小池徹平。もはや、彼氏であるようなラブラブっぷりをアプローチしているが…
 


出典:kisaragiyuchanツイッターより

「アイラブユーと言われた」と、こかなりヤバい域の妄想劇が繰り広げられている…
 

【早期購入特典あり】「俺俺」【”どこに出てた?!『俺俺』レアマーク・クリップ(アマゾンオリジナルカラー)”付き】初回限定版(完全限定生産) [DVD]
 

イケメン大好物!アダルト要素も満載…?

 
とにかく、顔がキレイな若い男子が大好きなようで、彼女の妄想がエスカレートすると、女性がつぶやいているとは思えない、18禁の内容も盛り込んだツイートが投稿されている…
 


出典:kisaragiyuchanツイッターより

ダイレクトメッセージを使って、本当に送ったのだろうか?だとしたら、いい迷惑である…
 


出典:kisaragiyuchanツイッターより

ポケモンGOのブームに乗ってみたのだろうが、ゲットすべき対象物を間違えている…
 


出典:kisaragiyuchanツイッターより

突っ込みどころ満載の異常な性癖と妄想に、もはや笑うしかない暴走ツイートの数々。寄せられたコメントには「痛い!痛すぎる!」「やっぱり頭おかしいのか(笑)」「名前出された方もいい迷惑だなぁw」など、呆れた声が寄せられている…
 


出典:kisaragiyuchanツイッターより

かなり性欲が強かったことがわかる、塚越裕美子。それはどうでもいいとして、問題はその表現方法である。これで、精神鑑定を受けてもまったく異常なく、薬物反応なども出なければ、いったい世の中の誰が異常なのか?と疑いたくなるほどだ…
 

SMAP 25 YEARS (通常仕様)
 

SNSでヤバいことを発信する奴は本当にヤバい

 
2016年は、相模原殺傷事件の犯人・植松聖や、アイドル切り付け事件を起こした岩埼友宏など、事件発覚後に彼らのSNSを見てみると、相当ヤバい人物だったことがわかる…
 
この「高田馬場駅 異臭事件」では、死者を出すこともなく、1995年に起きた地下鉄サリン事件のような大事件に発展することもなかったが、そういった状況になっていてもおかしくはなかった…
 


出典:kisaragiyuchanツイッターより

そして、今回もまた、犯人のSNSが後になって相当ヤバかったことが判明。
 
だからといって、「この人ヤバそうだから、事件を起こす前に逮捕して!」とは誰も言えないのだが、そういったヤバいつぶやきや投稿を見かけた場合、どのように対処するべきなのか、今後の課題として問題の解決が求められる…
 

 
こんな事件を起こさず、他人の中傷もしたりしなければ、かなり面白いキャラクターとして、芸能界でブレイクできていたかもしれないのに…
 

スポンサーリンク


 

あわせて読みたい