小林麻央が新ブログ『KOKORO.』開設を発表しネットが炎上?「海老蔵商法…」

 
 
こんにちわ
【危機タイムズ】です。
 

スポンサーリンク


 
8月31日(水)、市川海老蔵が意味深なブログを投稿したことで、視聴者の「不安」が高まり、「余命宣告」という憶測まで飛び交っていたが…
 

妻の小林麻央が新ブログ『KOKORO.』を開設

 


31日22時前に投稿された「まおのきもち」というブログで、「私としては青天の霹靂」とつぶやき、「明日 、自分の言葉で伝えるべきことがあるようです」と発表した市川海老蔵。メディアや視聴者は悪い方に考えてしまい、「もしかして…」と不安になったファンも多かったようだが
 


結果、小林麻央が自身の新しいブログを開設し、今日からスタートするという発表だった。身体中がほぐれるような安堵感に浸るファンもいれば、「待った」の声を上げるネット民もいる…
 

小林麻央写真集(DVD付)「まおのきおく」
 

そこまでして「数」を取りたいか?

 


自身のブログでも「”なりたい自分になる”」というタイトルで投稿した、市川海老蔵。
 
病気が公表され、何か役に立てないかと悩んでいた小林麻央が取った行動が、今回のブログ開設だったと綴られている。癌で苦しんでいる人や、彼女のファンにとっては本当に支えになる、素晴らしいことなのだが…
 
問題視されているのは、その「公表」の仕方について…
 

「海老で釣られた」
「やはり、釣りだったか」
「病気の妻を宣伝してブログ収入の小銭稼ぎに?」
「ブログ稼業」
「なんか釈然としない」
出典:http://headlines.yahoo.co.jp

 
「悪いニュースでなくてよかった!」という声も上がる一方、海老蔵がブログで“小出し”に発表したことや、思わせぶりな表現を使ったことに対しての批判も多く上がり、小さな炎上が起こっている…
 

成田屋の食卓
 

マスコミが大袈裟に騒ぎ立てただけ…?

 
昨晩から今朝の情報番組が、こぞって取り上げた今回の騒動だが、確かにメディアが大きく取り上げて騒ぎ過ぎた結果、こういう事態を引き起こしてしまった…ともいえるが、それなら今日、「妻が新しいブログを開設しました」と発表すればいいだけなのでは?という視聴者の意見も見逃せない。
 


彼らが疑問を感じているのは
ブログの更新頻度、更新の仕方、その内容である。
 
そもそも、昨晩更新したブログでは「重大発表」「深刻」というような内容は記載されていないので、記者が想像を膨らませ、見る側に興味、関心を持たせるため、話を大きくしただけなのだが、「まおのきもち」「青天の霹靂」「明日話す」というキーワードは、どういった病状かわからない視聴者にとっては、不安材料になるのも無理はない。
 
さらに、彼のこれまでの言動にも問題がある…
 

to you―小林麻央DVD付き写真集
 

あれだけ「そっとしておいて」って言ったのに?

 

スポンサーリンク


 


以前から、自宅前に張り付いていたマスコミに対し、ブログで「真剣にやめてください!」と訴えていた市川海老蔵だが、これに対して「どうしてブログにアップするの?」という声も多数上がり、「言ってることとやってることがバラバラ…」と突っ込まれていたのだ。
 
また、自身の居場所や詳細をちくいちブログにアップすることに対しても、「だから色々バレちゃうんじゃない?」と指摘され、しまいには「放っておいてほしいならブログ、やめたら?」という厳しい意見まで浮上している。
 
今回のことに関しても、「そっとしておいてって言っていたのに」「真剣にやめて欲しいんじゃないの?」といった声も飛び交い、「海老蔵商法がみえた瞬間」という耳の痛いコメントも寄せられている。
 
確かに
そっとしておいて欲しいのか、かまって欲しいのか…
 
しかし、家族のために稼がなければいけない理由もある。
 
妻の病状を思えば「これでまた稼げる」なんて思うはずはないだろう。小林麻央が「何かをしなくてはならない」と思ったように、夫である海老蔵も「彼女のために何かできないか」と考えてのことだろう。何より、思わせぶりな発表でも、小林麻央がブログを開設したこと、悪い意味での「重大発表」ではなかったことは、ファンにとって嬉しいニュースだ。
 
t
出典:JCASTニュース:http://www.j-cast.com

 
『海老蔵、4度目の「取材自粛要請」』
http://www.j-cast.com
 
しかし、「取材自粛要請」したばかりなのに?と、疑問に思う視聴者の意見も受け止めなければ、今後別の形で自分たちが嫌な思いをすることになるかもしれない…
 
優しさに包まれた小林麻央の新ブログ
KOKORO.
 

スポンサーリンク


 

患者さんのための乳がん診療ガイドライン 2016年版
 

乳がんと診断されたらすぐに読みたい本 ~私たち100人の乳がん体験記
 

Just Stand Up

あわせて読みたい