マイラバAKKOの娘・HARUHI (ハルヒ)のデビュー曲「ひずみ」発売記念で父・小林武史の歴史を振り返る

 
 
こんにちわ
【危機タイムズ】です。
 

スポンサーリンク


 
映画『世界から猫が消えたなら』の主題歌でデビューした新人は、あの2人の娘
 

HARUHIが「ひずみ」でデビュー

 

 
2016年5月14日に公開された映画『世界から猫が消えたなら』の主題歌「ひずみ」でデビューした、HARUHIという歌手が大注目されている。
 
映画の舞台挨拶に主演の佐藤健と舞台に上がった、ボーイッシュなスタイルが印象的だった、あの女性シンガー。透き通った声と、醸し出す独特の世界観が、聴き手の関心を引き込んでいく。
 

■HARUHI(母の氏なら赤松)
■1999年2月25日生まれ(17歳)
■LA出身(高校から日本に戻っている)

 
話題になっているのは、彼女の身内が凄すぎること。
 
父は、ミスター・チルドレンなどを手掛けるプロデューサーの小林武史、母は、「Hello,Again~昔からある場所~」などの大ヒット曲をもつ、マイリトルラバーのAKKO。また、姉の越野アンナもanderlust(アンダーラスト)というユニットを組み
音楽活動をしているようだ。
 
公式サイト
http://lineblog.me/anderlust/archives/cat_87086.html
 
 

 
彼女の方が、母AKKOの雰囲気に近い感じで、HARUHIは、どちらかというと父譲りという印象を受ける。
 

帰り道(初回生産限定盤)(DVD付)
 

プロデュースは父・小林武史

 
その「ひずみ」と、映画『世界から猫が消えたならオリジナルサウンドトラック』をプロデュースしたのは、HARUHIの父である小林武史。
 

 

 
これまでにも、『稲村ジェーン』や『スワロウテイル』といった名画のサントラ盤を手掛けてきた小林武史。主題歌の「ひずみ」だけでなく、サントラ盤も手掛けていて、映画の世界観を見事に描いた内容に仕上がっている。
 

 
昨年はマイリトルラバーがデビュー20周年を迎え、新作『re:evergreen』をリリース。元妻AKKOも精力的にメディアに出演するなど、一家揃って精力的に音楽活動を行っている。
 
ということで、娘HARUHIのデビューを記念して(?)日本が誇る名プロデューサー、小林武史のキャリアを振り返ってみよう。
 

キャリアのスタート80年代は名曲揃い

 

 
キャリアのはじまりは、1982年4月にリリースされた杏里の10thシングル「思いきりアメリカン」から。この曲のヒットをキッカケに、プロデュースのオファーが殺到し始める。
 
この曲もすばらしいが、同年11月に発売した4thアルバム『Heaven Beach』収録の「Flash back memorys」はマスト。小林武史が手掛けた楽曲の中でも、代表作に相応しい出来栄えではないだろうか?
 

 
杏里のフレッシュな歌声も心地よい。
 
そして、80年代後期からは、桑田佳祐のソロデビュー作『KEISUKE KUWATA』の編曲を手掛けたことで、一気に知名度を上げ、才能が開花したところでソロ・デビューも果たす。
 

 
2ndアルバム『テスタ・ロッサ』(1989年)に収録された「夏の午後」は、後に大浦龍宇一がカバーし、スマッシュヒットを記録。ご本人は「(自分が歌った方の)歌は微妙だった」と話しているが、アダルト・コンテンポラリーにマッチしていて、決して悪くない。
 
そして、同年(1989年)にはこんな曲もプロデュースしている。
 

 
当時、売り出し中だったアイドル、田村英里子が主人公だったアニメ『アイドル伝説えり子』のオープニングテーマ曲。アイドル向きとは思えない難易度の高いシティ・ポップに、小林武史の信念と頑固さが伺える。
 
ちなみに、その田村英里子は現在どうしているかというと、2000年頃から単身渡米し、ハリウッドで女優業をしているとか…
 

 
2009年に公開された映画『DRAGONBALL EVOLUTION』にも出演している。
 

スポンサーリンク


 

神掛かった90年代の大成功

 
90年代、小林武史の飛躍はこの曲のミリオンヒットからはじまる
 

 
脱アイドルを図った、小泉今日子の「あなたに会えてよかった」(1991年)。ちなみに、歌詞はキョンキョン自身が手掛けている。
 
そして、サザンオールスターズやアイドルの編曲活動を経て、90年代から力を注いだのが、ミスター・チルドレン(Mr.Children)のプロデュース
 

デビューアルバム『EVERYTHING』(1992年)
 
1993年にリリースした「CROSS ROAD」のミリオンヒットを皮切りに、4thアルバム『Atomic Heart』(1994年)が300万枚を突破するなど、小林武史のプロデュースで日本のトップバンドとして君臨することになる。
 

 
そして、小林武史のキャリア最高潮を迎える1995年
 

 
自身もメンバーに加わった、マイリトルラバーが「Man&Woman」でデビューし、大ブレイク。編曲を担当した、桑田佳祐&ミスター・チルドレンのコラボ曲「奇跡の地球」が170万枚の大ヒットを記録。
 
そして、年末に発売したマイラバのデビュー・アルバム『evergreen』が300万枚を突破し、最高潮をむかえる。
 

 
1996年は、ミスチル&マイラバのプロデュースと並行して、CHARAをフューチャーした映画『スワロウテイル』の音楽を担当
 

 

 
Swallowtail Butterfly~あいのうた~」がミリオンヒットに至る。
 

2000年以降は私生活が波乱万丈

 
ミレニアム以降も、ミスチルのプロデュースを中心に精力的に活動するが、一方のマイラバは売上が低迷、リリースも少なくなり、放置状態から2004年には活動休止を発表…
 
しかし、翌2005年からは一青窈のプロデュースをはじめ、「てんとう虫」などのヒットを生み出す。
 

 
そして、2007年に一青窈との不倫発覚、2008年にAKKOと離婚。まさかの、ゴシップでブレイクを果たす…
 
ちなみに、1995年まで女優の松下由樹と交際していたが、同年に別れ、元妻AKKOとマイリトルラバーを結成。以前にも、同じような二股疑惑があったという…
 

 
かなり熱を入れてプロデュースしていた、Salyuというシンガーの存在も「そういう意味で」気になるところだ…
 
そして、記憶に新しいミスチルとの決別騒動
 


出典:Mr.children情報まとめツイッターより

震災後の復興支援がキッカケで(?)、なぜか「農業ビジネス」に目覚めてしまい、あれだけ稼いだ印税でもまかなえなくなるほど、打ち込んでしまったと報じられている。赤字続きで、ミスチルのギャラを無断で使用してしまったという噂もあるが、果たして…
 
そして、再婚間近とも言われていた一青窈とも別れ、彼女は別の男性と結婚し、2015年には男児を出産している。そんな迷走期(?)を経て、今年娘のデビューを手掛けた小林武史。
 
元妻、AKKOとの関係性も良好のようで、昨年末リリースした新作も小林自身が手掛けている。HARUHIのデビューを期に、また再び、90年代のあの輝かしい時代を取り戻していただきたい。
 

スポンサーリンク


 

あわせて読みたい