『僕のヤバイ妻』で高橋一生が演じる“レンタル夫”は実在するのか?

 
 
こんにちわ
【危機タイムズ】です。
 

スポンサーリンク


 
人気急上昇中
 

『僕のヤバイ妻』出演の高橋一生が話題

 
毎回、いろんな意味で話題になるドラマ『僕のヤバイ妻』(フジテレビ)。出演者の名演技も高く評価されていて、その中でも、幸平の近所に住む謎の男性、和樹演じる高橋一生が、女性を中心に人気を博している。
 


出典:『僕のヤバイ妻』公式 ツイッターより

「超イケメン」…というほど、顔が整っているわけではないが、母性本能をくすぐる甘い笑顔と、優しそうな顔とのギャップを感じる、色気と艶のある低い声に、堕ちた女性多数。「2016年のブレイク俳優」としても注目されている。
 
その高橋一生が、現在出演中のドラマ『僕のヤバイ妻』で演じているのが、有希(キムラ緑子)の「レンタル夫」役の和樹。この「レンタル夫」、ドラマの世界ではなく、現実にも存在しているのだろうか?
 
調査してみたところ…
 

anan (アンアン) 2017/03/08[官能の流儀]
 

「レンタル夫」は存在していた

 
「レンタル夫」と検索してみると、上位に浮上したのがこのサイト、「Noie」(レンタル夫サービス)。3年前の2013年からスタートしたらしい、このサービス
 

既婚・未婚・シングルマザーは問いません。必要な時だけ夫代行・父親代行・家事代行・育児サポートなどの日常サービスを。全ての女性が自由に生き方を選ぶ第一歩。レンタル夫が海を越えて日本初上陸。
出典:http://noie-by-womans-works.com/

 
女性が本格的に社会で活躍し始めたことを受け、いろんな事情で対応できるサービスのよう。ドラマの設定では、有希が近所の人たちに見栄を張りたいがために、「レンタル夫」和樹を雇っているが
 
「Noie」では
 

 

「パートナーがいないことを知られたくない」
「シングルマザーとして生きることを決めた」
「夫役は必要な時だけレンタルすればいい」

 
このような理由のほか、「家事を一緒に楽しくしたい」や、「ボディーガード役」、「特別な日にだけ一緒にいてほしい」など、自由に生きる女性たちのための欲求を満たす「レンタル事情」が挙げられている。
 

シングルマザー、家を買う
 

どんな男性がレンタルできるのか?

 
『ヤバ妻』の和樹のような、イケメンがエントリーしているのだろうか?
 

 
どうやら、そういうわけでもない(?)ようで、ごく普通の男性が登録されている。もちろん、中には女性受け良さそうなイケメン男子もいるが、「顔重視」というわけではなさそうだ。
 


出典:NoieBWWツイッターより

「推しメン」が入ると、「Noie」の公式ツイッターで紹介してくれるようだ。
 
顔で選ぶもよし、条件で選ぶもよし、とっかえひっかえしても「浮気」になるわけでもなく、その時のニーズに合わせて「夫」をレンタルできる。たしかに、便利なサービスだ…
 

有希はいくらで和樹を夫にしているのか?

 

スポンサーリンク


 
毎日一緒にいる設定で、夫婦を演じている有希と和樹。
 
昨日の放送では、和樹が「この時間(深夜?)は僕の自由な時間のはずですよね?」と話していたので、「1Dayレンタル」ではないようだが、早朝に有希の家から出勤しているシーンもあり、有希の家に泊まっていることもあるようだ。それとも、早朝から出勤しているだけか…?
 
「Noie」の料金表を参考にしてみると
 

■1時間レンタル【3,800 円】
■2時間レンタル【5,600 円】
■3時間レンタル【8,300 円】
■4時間レンタル【11,000 円】
■1Dayレンタル【19,300 円】
※ワンディ=最長8時間
■30分延長【2,000 円】
出典:http://noie-by-womans-works.com/menu

 
相場はこれくらい。
 
4時間以上一緒に居ることは間違いなさそうなので、おそらく「1Dayレンタル」料金で借りているかと思われる。これを、1ヵ月、31日計算で料金を出してみると…
 
■19,300 円(1日)×31日=598,300円
 
なんと、周囲に見栄を張りたいがために、60万円近くの料金を支払っているということになる…。レンタルしていない日があったとしても、3~40万円は間違いなさそうだ…
 


出典:『僕のヤバイ妻』公式ツイッターより

しかも、和樹の場合は(おそらく)個人の「便利屋さん」という設定なので、お店にバックする必要もなく、全額が自分の売上になる。うまくいけば、これだけで食べていけるビジネスだ…
 

カラダの関係はアリ?ナシ?

 
「Noie」のサイトには、「当サービスはヘルス行為やそれに類似する性的サービスを行うものではありません」という注意書きがされている。
 
スタッフ(レンタル夫)からはもちろん、女性側(客)らもそういったアプローチをしてはいけないそうだが、女性にだって性欲はある。イケメンを目の前にして、「ムラムラしちゃった」はあって当然…
 
ガマンできなくなり、「お願い…」とねだる人も、中にはいるのではないだろうか…(?)
 


出典:レンタル彼氏PREMIUM【公式】ツイッターより

ちなみに「レンタル夫」ではなく、「レンタル彼氏」というサービスもあるようだが、こちらも一線を越えてはいけないことになっている。
 
しかし、「レンタル夫」や「レンタル彼氏」で禁止とされている、「性的サービス」があったとしても、2人だけの秘密にしておけば、誰も解らない。そこに金銭の授受があるかもしれないし、ないかもしれない…
 
「客がOKなら、まあいいか」と、受け入れてしまうことが100%ないとは言えない…
 

僕のヤバイ妻 DVD-BOX
 

「レンタル夫」やってみる?借りてみる?

 
ドラマを見て、もし気になっている女性がいれば…
 
1時間のレンタル料は「3,800 円(Noieの場合)」程度なので、手始めにどんなものか、1時間だけ「お試し」で借りてみるのもいいかもしれない。その1時間が、何か「物足りなさ」を感じている生活に、潤いを与えてくれるかも…(?)
 
また、生活に困っている男性諸君は、各「レンタル夫」サービスの求人ページに、「年齢問わず大歓迎です。副業の方もご応募をお待ちしております」と記載してあるので、バイト感覚でエントリーしてみては如何だろうか。
 
ただ、借りる側の女性も、借りられる側の男性も、店によってはいかがわしいことをしている所もあるようなので、注意していただきたい。
 

僕のヤバイ妻 (小学館文庫)
 
有希のようなストーカー気質の客や、和樹のように裏の顔がすさまじい「レンタル夫」もいるかもしれない…
 

スポンサーリンク


 

あわせて読みたい